2012年10月06日

音痴なのにカラオケ

「1年半ぶりにカラオケ会に入っちゃいました。」
「再入会か? 情けないねぇ。ホームページを完成させるまで一人で頑張ると言ったろう」
「武士でないから二言もありますよ〜」

武士は信義を重んじるので、一旦口に出して言ったことは必ず守る。英語では、Samurai warriors do not change their minds. とか。ああ、武士でなくて好かった。こんなこともあろうかと、日ごろから男らしい発言は一切しなかった。しかし、この心がけ、こんなに早く役に立つとは夢にも思わなかった。私だって人並みに見栄も張るし外聞も気になる。「武士に二言なし」とか言ってみたいし、又そのように行動する立派な人と思われたい。 

「そんなことだから信頼を失うのだぞ」
「得るものもありましたよ」
「得るもの?」
「拍手してもらいました。嬉しかったですね」

歌って拍手してもらえるのだから、こんなに幸せなことはない。嬉しくて仕方ないのだが、そんな素振りは見せない。実は、有り難いと気づいたのはごく最近のことなのだ。

「拍手ってどこでだ?」
「カラオケの例会で歌ったときです」
「ほ〜、拍手されて嬉しかったのかい」
「そりゃあ、嬉しいに決まっているでしょ」
「そうかい、分かった分かった」

よく下手だから歌わないと言う人がいるが、私の場合はそれ以前の問題が立ちはだかっていた。 オンチだから伴奏に合わせて歌えないのだ。リズムもとれないので、一生懸命画面に映る色の変化に合わせて歌う。誰でも歌えるように、画面の文字色で指示してくれるのだからありがたい。しかし、音程が合っているかどうかは分からない。これが問題だ。伴奏から外れた歌は聞き苦しいかも知れないが、歌っている私はもっと苦しい。止めてしまいたいくらいなのに、歯を食いしばって頑張っているのだ。

「だのになぜ歯をくいしばり〜♪ 君は行くのか〜 そんなにしてまで♪」
「おやっ 上手ですね。さすが先輩!」

せめて自分だけでも楽しく歌いたいと思っていたら、そのときがついに来た。気のせいかもしれないが、ある日突然声が伴奏に乗ったように感じたのだ。とても気分がいいものだ。「前より好くなったね」と言われ、嬉しさ倍増。

「拍手がそんなに嬉しいかい」
「ええ、この1年半は歌っても拍手が全然なかったですからね」
「どこで?」
「家で」
「奥さんに頼めば?」
「留守のときしか歌えないのです」

カラオケ会を止めるとき唯一の気がかりはカラオケに行けないことだった。しかし、よく考えてみれば、一人で歌っても同じことだ。どうせ誰も聴いていないのだから。一人で歌えば誰にも迷惑をかけないし、何も気にしないで楽しむことが出来る。理屈はそのとおりだが何となくもの足りない。

「聞かせたいという想いがあったのでしょうか」
「オレは聞きたくないよ」
「そうですよね」
「人の歌も聴かないとね」
「なるほど了解。足りないのは聴くことでした」
「それだけじゃないだろう」
「はいはい、拍手です。毎度ありがとうございます」
「やれやれ催促か。拍手くらい幾らでもしてやるよ」
「無理しなくていいですよ」
「したいからするんだ!」
「ホントですか?」
「武士に二言はない」
posted by 中波三郎 at 01:03| Comment(0) | カラオケを楽しむ

2010年02月28日

シャルウィダンス?

歌とダンスが得意のAさんは私より7つ若い元同僚。彼から「面白い所に案内するよ。金はかからないから」と電話があった。好奇心もあって行くことにした。Aさんはよくダンスの話をするが踊っている姿を見たことがない。口ほどかどうか見てやろうと思った。

「ダンスだったら出来ないよ」
「いいのいいの、飲んで食べて1000円ポッキリ」
Aさんはバックを二つ持ってやってきた。 

「店に入るときこれ持ってくれない」
「何ですか。これ?」
「ダンスシューズさ」
「ダンスできないって言ったでしょう。靴も合わないよ」
「いいのいいの。これ持ってれば1000円だから」

入ってみると、意外にも小奇麗なところだ。天井のキラキラ光るライトがクルクル回っている。フロアの向こうにステージが見える。ソファに座り、やっと気分が落ち着いた。ビールを飲みながら話は弾む。瞬く間に1時間が過ぎてしまった。Aさんはキョロキョロ辺りを見渡したと思ったら、「ちょっと踊ってくるわ」と言って席を立った。

さすがはダンスの達人、さっと手を斜めに上げた格好などは、映画で見た「サタデーナイトフィーバー」の青年にそっくりだ。異変は、この後に起こった。さっさと帰ればいいものを一応、挨拶して帰ろうとと思ったのだ。

Aさんは女性を連れて来て踊ってやって下さいと言った。そんな風に聞こえたが聞き違いかも知れない。ともかく挨拶して帰ろうと思った。

「楽しかったよ。用事もあるし帰るよ」
「せっかくだから、帰る前に踊っていったら」
横で初対面のやや若い地味な女性が肯いている。
「ダンスはダメなんですよ」
「ブルースだから、ただ立っているだけでいいのよ」
スローな音楽が聞こえる。

私は30分間、この席でダンスを見ていたが、まるでダンスの練習場のようだ。立ち止まっている人などいない。だがビールを1時間半も飲んでほろ酔い気分だった。ほろ酔いはいけない。気が少しだけ大きくなり、ロマンチックな気分は更に大きくなる。しかも記憶にはちゃんと残るのだ。

私は予定とは全く違う行動に出てしまった。いろいろ失敗して終わった頃はとても恥ずかしかった外に出てホッとした。幸いだれも知った人に会わない。私が喋らなければ、何事もなかったのと同じことだ。知らない街はホントに有難い。旅の恥はかき捨てでいいのだ。

「ダンスはどうだった?」
「あれはいいんです」
「なに?」
「恥は書かないことにしています」
posted by 中波三郎 at 01:03| Comment(0) | その他

2008年06月08日

カラオケで喧嘩(あじさいの雨)

カラオケボックスに入ったトタンに楽しい気分も吹き飛ぶような「事件」が起こった。原因は1匹の小さなハエ。あちらこちらに飛んだあげく入口の近くにポッと止まった。

追い出してやろうと思ってドアを開け、止まっているハエを帽子であおった。ハエは出ないで飛び回った。そのとき「なんでぶっつぶさないのよ」と、険のある声がした。振り向くとAさんが目をつり上げて、私をにらんでいる。

ハエはAさん側の壁に止まった。情け容赦なく紙を丸めて思いっきり叩いた。少し外れたがハエは床に落ちてもがいていた。Aさんは「ぶっ殺してやる!」と言いながら思いっきり踏んづけた。

「殺さないで拾って外に出せばいいでしょ」
「なに言ってんのよ。手が汚れるじゃない」

こんな状況の中で私が歌う順番が来た。少し意地悪してやろうと思い、渡哲也の「あじさいの雨」を歌ってやった。

「弱いからだに〜 かさねた無理を〜♬」
と歌いだすと、とたんにAさんが横やりを入れた。
「弱い女がそんなに好きかい!」
実は次の歌詞を聞かせたいのだ。Aさんにピッタリだ。
「かくしていたのか 濃いめの化粧〜♬」
奇麗と思っていたが、ハエの一件で印象は変わった。
「強い女は嫌いかい!」

少しは静かにしてほしい。ハエを一匹殺したくらいでそんなに強がることはない。バカらしい。
「いくども色を変えながら枯れて淋しく散ってゆく〜♬」
私だって皮肉の一つも言ってやりたい。

帰りはAさんが最寄の地下鉄駅まで送ってくれるが。ハエの一件が尾を引いているようだ。いつもなら「乗って行かない」と声をかけてくれるのだが、この日は違った。  

「バス何時?」とAさん。
「まだ42分あります。乗せてくれない」
と、Aさんに頼んでみた。意外にもこころよく乗せてくれた。車の中でAさんがいった。

「歩くの嫌なの?」
「嫌じゃないけど、お名残惜しいでしょ」
「そう。私もお茶でも飲もうかと思ったのよ」
それでバスの時刻を聞いていたのだと分かった。

「ハエをぶっつぶせ」と怒ったのは本気だ。だから、それを引きずって帰りたくなかったのだと思う。長い付き合いだが、二人でお茶をと言われたのは初めてだ。

Aさんは決して謝らない。その代わり命令を下す。「いろいろありましたが、丸ごとひっくるめて付き合ってください」。後でメールにこう書いてきたので、思わず笑ってしまった。
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | あの歌この歌

2008年05月28日

カラオケクラブ例会

シニアは楽しい、好きなことが出来るからだ。カラオケ、ダンス、マージャンにゴルフと、楽しんでいる人も多い。できれば私も楽しみたいが、それは無理。人には得不得手がある。若いころなら「やればできるから、頑張りなさい」と言われればその気になる。しかし、この歳になると、生まれつきそうなのだから仕方がないとあきらめる。そもそも楽しむ為に頑張るなんて矛盾している。

そこで私が選んだ遊びは「記者ごっこ」。地元の超ローカルFM放送で吹けば飛ぶような番組を担当している。しかし、しょせんはボランティア。今日は苦手なカラオケの取材だ。果たしてどうなることやら。

ホテルのラウンジに40人くらい集まったが、いつもと違う華やかさがある。特に女性が美しい。同じシニアネットの仲間なのになぜこうも違うのだろうか? 少し考えてみた。原因はパソコンだ。パソコンを背負っていないからお洒落ができるのだ。

勉強会の後でも、みんなそろってホテルへランチに行くことがある。重そうなリュックサックを背負った集団を、ホテルマンは何者と見ただろうか。登山でもない。旅行者でもなさそうだ。さては新手の行商人か?

カラオケクラブ例会は新任のO部長の引き語りで始まった。実にうまい。うまいはずだ。往年の人気テレビ番組で歌っていた経歴があるのだ。私が担当する地元のラジオ番組にゲストとして出演をお願いした。そして放送の前の取材のつもりでカラオケ例会に参加させてもらったのだ。

番組のタイトルは「音楽と写真と中島公園」とした。Oさんがドン・ホーの歌を4曲くらい選んでくれた。ハワイ公演、テレビ出演などの思い出話など話題も豊富だった。Oさんの得技は音楽だけではない、写真の腕も素晴らしい。

実は、中島公園の写真が2枚も北海道新聞に掲載されたことがあるのだ。国指定重要文化財豊平館と札幌コンサートホール・キタラを撮ったものである。中島公園に関するサイト「中島パフェ」の管理人としてはとても嬉しいことだ。この放送が縁でオンチの私がカラオケ会に参加するようになった。偶然の出会いが私に趣味を与えてくれた。感謝!
続きを読む
タグ:SSN
posted by 中波三郎 at 11:48| Comment(0) | カラオケを楽しむ

2002年10月05日

ヒヨコ英語教室

2002年10月頃 ヒヨコ英語教室
退職したばかりの頃だが暇つぶしに市内の老人福祉施設に行った。「12月25日はクリスマス演芸会です。男性は黒いスーツに蝶ネクタイをして下さい」と先生は言った。

ここは高齢者対象の「ヒヨコ英語教室」。五つある教室が合同で大ホールを借りきりイベントをやるそうだ。私にとっては初めての舞台である。これはエライことになったと思った。

小学校の学芸会以来、舞台などに上がったことがない。蝶ネクタイまでするのだから嫌にる。普段は教室の片隅で大人しくしているのだが、こんなことを言われては黙っていられない。間髪入れず異議を唱えた。

「あの〜、蝶ネクタイは持っていませんが」 
私にとっては精一杯の抵抗だ。
「ご心配いりません。百円ショップで売ってます」
と、軽くかわされてしまった。

教室には分別のありそうなシニアが28人もいる。私が口火を切れば「嫌だ。嫌よ」の大合唱が起こると期待したのだが、そうは問屋が卸さない。思わぬ方向にどんどん進んで行ったのだ。

「蝶ネクタイは私が纏めて買ってきましょう。一人ひとり行くのも脳がないですからね」と仰る方が現れた。これも確かに分別だが事態は思わぬ方向に、どんどん進んで行った。

「女性は白いブラウスに黒のスカートがいいと思いますが」
「胸に赤いバラをつけるのはどうでしょう」
「男性もつけてもいいですか?」

一体どうしたことだ! ここでは私の所属していた社会とは全く違う常識が支配している。変わらなければならないのは私なのか? 信じたくはないが そうらしい。

こうしてクリスマス演芸会は始まった。意外にも皆さんは活き活きととして楽しそうだった。よく考えてみれば当たり前、好きな人しか参加しないのだ。嫌々来たのは私だけらしい。退職したばかりなので、無断欠席とか柔軟な対応が出来なかった。

結局これがカラオケを始める切っ掛けとなった。練習の為いつも隣で歌っていたAさんが3年後にカラオケに誘ってくれたのだ。もちろん私のオンチは充分知った上なので喜んで誘いにのった。英語の勉強は名ばかりで殆ど雑談と歌のヒヨコ英語教室だったが、私に新しい趣味を与えてくれる切っ掛けになった。
posted by 中波三郎 at 19:48| Comment(0) | カラオケを楽しむ