2018年08月25日

9月から「空白の22年間」更新

オンチは好きでないがオンチな私は大好きだ。私は自分を嫌えない人だからハゲてる私も大好きである。たとえ100%の女子大生から嫌われてもね。これはジョークではない。数年前にある企業が実施したアンケートの結果だ。私は予言する。君たちの多くは嫌いなハゲと結婚するだろう。新婚の時ふさふさでも潜在的禿頭症の男子は、決して少なくはない。

早いもので2018年4月1日に「オンチ(音痴)のカラオケ」を開設して5ヵ月たった。このテーマに興味のある未知の人にも読んで欲しいので、検索順位にも拘っている。この日の結果だが「オンチのカラオケ」「音痴のカラオケ」、いずれで検索しても1ページ目に表示される。私としては精一杯のPRだが手ごたえはホンの少し。音痴に興味のある人は少ないようだ。今のところはね。

そろそろもう一つのブログ「空白の22年間」に戻りたいと思う。生まれてから22歳までの記憶を又探りたくなった。存在を示す記録は、戸籍謄本と母に抱っこされた1枚の写真しかない。3歳くらいから22歳までの人生を、記憶を頼りに何とかして取り戻したい。

有れば捨ててしまうような物でも無ければ見たくなる。幼少年の頃はどんな顔をしていたとか、知りたいことは山ほどある。一つのことを思い出すと芋づる式に次々と思い出す。私は誰? どこでどのように育ったのだろうと、記憶をたどる旅は厭きることがない。物的手掛かりがないから興味が尽きない。

何時までも教育(今日行く所がある)と教養(今日も用事がある)と言ってはいられない。そう思って遠い将来のことを考えてみたら、そこには何もなかった。一方、過去を振り返れば宝の山。老化の進んだ私にはそう見えるから有難い。

9月1日(土)より「空白の22年間」を更新、「オンチのカラオケ」の更新はお休みです。
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | その他

2018年08月18日

すべて上手く行ったが?

考えてみると音楽だけでなく全ての機能が不全だ。体力もなくて不器用、しかも仕事が遅い。若い時は最低レベルの労働者だった。それでも悩んだことがない。いつも、この状態から如何にして脱出するかを一生懸命考えていた。そのため9年間も職を転々とし、24歳近くでやっと定職に就いた。

定職に付いたがノロマには向かない仕事だった。大抵の仕事はそうだけどね。しかし9年間求めて、やっと得た定職なので一生懸命働いた。職を転々とした経験から、辞めたくなければ我慢に我慢を重ねてクソ真面目に働くしかないことを知っていた。とにかく上手く化けて無事に定年を迎えることができた。

本当は怠け者なのに無理をし過ぎた。そのため外見と心の中が全く違う二重人格になってしまった。カラオケでも「ダイナマイトが150トン」とか、私らしくない歌が大好きだ。似合わないから止めろと言われるけどね。洋楽カラオケもその類だ。お呼びじゃないのに失礼している。

ところで、退職したら家でのんびりと思っていたが間違いだった。我が家は既に老妻の占領下にあったのだ。鉛筆一本でも好きな場所に置く自由はない。私の城と思っていた家の中で、こんなモンスターが粛々と育っていたとは夢にも思わなかった。

モンスターにはカイジュウで対抗すべきだが、変身できないので懐柔策をとった。先ず挨拶の励行、有難うの連発、一日に一回は「あなたの食事のお陰で長生き出来ました」とか感謝の気持ちを口にする。そして何事にも逆らわないことが肝心である。

忍耐に忍耐を重ねる懐柔戦は苦しくて長期に及ぶが、必勝の作戦である。多くの奥様方がこの作戦で勝利し家族を支配している。私だってあやかりたい。勝利の報酬は楽ちん生活だった。

すべて上手く行ったが何か足りない。何とかして二重人格を解消したい。そのためにカラオケでロック・アラウンド・ザ・クロックを歌っても違和感を感じさせない人になりたい、とか出来もしないことを考えた。それでいいのだ。現実はつまらない。

参考:現在の検索結果 オンチのカラオケ 音痴のカラオケ

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!


posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2018年08月04日

オンチ記念日

私は幸せ者だ。自分を縛る全てのことから解放されてノンビリと暮らしている。ところが大変なことを知ってしまった。それは人間が生きるためには適度のストレスが必要と言うことだ。でも大丈夫、カラオケは心臓がドキドキする程の緊張感を与えてくれる。

「私オンチです」と言うと次のような言葉が返ってくる「そうでもないよ」「楽しければいいじゃない」。そして歌の上手い人までが「私もオンチ」と言ったりする。何が何だかサッパリ分からない。

それでオンチのことを詳しく知りたくなった。手掛かりの一助として「オンチのカラオケ」を開設したが、全国のオンチよ団結せよとか訴えるつもりは毛頭ない。大勢のオンチに取り巻かれたら大変だ。考えただけで身の毛がよだつ。

オンチのことを真剣に考えるようになったのは、およそ3年前からだ。始めて英語で歌ったら、なかなか上手く行かない。こんな筈はない何でこうなるんだと戸惑った。そして私こそ真のオンチだと気が付いた。つまりパンドラの箱は開けられたのである。

その歌はダメねと君が言ったから洋カラ初日はオンチ記念日
大好きな「サラダ記念日」を真似て記念日を制定した(笑)。

パンドラの箱からは不安、悩み、羞恥、後悔が溢れ出て残ったのは希望だけだった。新しい自分を発見して俄かに希望が湧いて来た。先天的音楽機能不全か、つまり生まれつきと言うことだ。ならば親から引き継いだ負の遺産は私の代でゼロにしてやろう。冥土への土産のつもりだ。

ブログでジョークを書いて、カラオケで歌って、好きなドラマを観て楽しんでいる。煩わしい日常茶飯事をやってくれる人も居る。感謝の言葉は忘れないが体は動かさない。だが夢の様な暮らしも崩れる時は一瞬だろう。健康維持のためには適度なストレスも必要だ。私にとって健康増進薬になるカラオケも、聞いた人には副作用を与えるのだろうか? 

参考:現在の検索結果 オンチのカラオケ 音痴のカラオケ

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!

posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2018年07月28日

さらば「オンチのカラオケ」

英語は好きだけれど好きとは言えない。小説は読めないし手紙も書けない、話せないし映画を観ても聞き取れる英語は10%ぐらいだ。だけどブログに書くのはいいと思う。好きなものを好きと言えないのは身体に悪いからから書いている。

人間としての性能が劣っているからスポーツをやってもゲームをやっても勝負にならない。負負負フフフ〜という感じかな。だから勝ち負けがなくても楽しめるものがいい。歌ったり書いたりね。

そこでこの二つが私の趣味となる。いずれも一人でコツコツできることだが、書いたら人様に読んで欲しいし、歌うときも人前で歌いたい。控えめで目立たない人として生きて来たつもりだが、いつの間にかこんな人間になっていた。なぜだろう?

書いたものはホームページやブログで公開している。拙いサイトでも世界中に発信される。ネットの世界は巨大なゴミ処理場に似ている。多くの人が巨大なゴミの山から金目の品を拾うような作業を繰り返している。場所はグーグル、道具はキーワード、これで掘り起こせば何でも出てくると愚かな私は信じている。

「オンチのカラオケ」は7月24日現在、グーグル検索で約9万4千件のトップにある。一方「音痴のカラオケ」は約531万件の8番につけている。山に例えて言うと、音痴山の標高がエベレストと同じ8848mとするとオンチ山は札幌市中央区の荒井山より低い158mしかない。

そして検索する殆どの人はトップに注目する。3ページ以降を見る人は稀だから検索情報の殆どはゴミ山の中に埋まっている。10万件足らずの「オンチのカラオケ」でトップに表示されても意味がない。500万件台の「音痴のカラオケ」ならアクセス増も少しは期待できる、と言うことで次なる目標は音痴山の頂上とした。

先ずタイトルを変更する必要がある。「オンチ」ではなく「音痴」の二文字を入れることが肝心である。「輝く音痴」「哀愁の音痴」「黄昏の音痴」「怒りの音痴」「嵐を呼ぶ音痴」「音痴の旅人」「音痴恋し」、いずれも何処かで聞いたようなタイトル……、これでは駄目だ。何とかしなければと考えるのも私の趣味の一つである。

参考:7月25日検索結果 オンチのカラオケ 音痴のカラオケ

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 「音痴のカラオケ」のPR

2018年07月21日

オンチのカラオケ

愚かな人のことを書くのが大好きだ。しかし、よく知っていて自由に書ける阿呆垂れと言えば自分しかいない。変な人と思われているのではないかと心配しながら書いている。ところでオンチは5百万人くらいいるらしい。これについては統計が見つからなかったので第六感で推定した。m(-_-)m スマヌ

グーグルで「オンチのカラオケ」を検索すると、「オンチでも上手く歌える カラオケソング厳選10曲」が見つかった。クリックしてみたら知っている曲は「上を向いて歩こう」しかない。涙がこぼれないように上を向いて歩いたら危険だ。何かに躓いて怪我をするかも知れない。最悪の場合は交通事故とか、いろいろ考えさせられる複雑な歌だ。やはり恋とか愛の方が簡単でいい。

ブログのキャッチコピーはオンチにお勧め「低音ソング」10曲セレクト! 付き合いで歌わなければならない人は、こういう曲をマスターする必要もあると思う。幸い私は自由の身、オンチ丸出しで好きな曲を歌える。ただし、やり過ぎれば嫌われる。何事も程度の問題だ。自分の好きか、人様への迷惑か、どちらを優先させるか何時も心の中で闘っている。

4月から「オンチのカラオケ」を書き始めてから4ヵ月近くになる。今までは「先天的音楽機能不全」ということで納得していたが、「環境説」にぶち当たってしまった。生まれつきではなく、育った環境に影響された後天的な原因によるものという説だ。それなら私のオンチも直るかも知れないと思い心が躍る。

と言うことで頑張ってみようかと思っていたら、新たな壁に阻まれた。それは英語教育における「9歳の壁」である。英語の音をとらえる力も、曲の音をとらえる力も同じと思う。それは9歳ごろから失われていくと言う。あれから69年、力はどのくらい残っているだろうか。まさかゼロじゃないだろうね。否マイナスかな?

「自分が楽しかったらいいんだよ」という意味が、いかに深いか4ヵ月間の勉強でやっと分かった。だからと言って「オンチのカラオケ」の更新は止めるわけではない。全ての物事は奥が深い、このテーマの万分の一も分かっていない。アプローチの方法もいろいろある筈だ。歩くときは左右を気にしつつ前に向かって歩くことにしている。一歩一歩確実にね。

「オンチのカラオケ」情報 → グーグル検索結果 

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!


posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 「音痴のカラオケ」のPR

2018年07月14日

貴重な二人会

こんな時が来るとは夢にも思わなかった。実は先輩と二人でカラオケに行ったのだ。さっそく注意された。「ダイナマイトが150トン」と「女を忘れろ」は人前で歌うなと言うのだ。追い打ちをかけるように「アンタには似合わないんだよ」と言った。

そうかも知れない。だけど胴長短足でハゲの私に似合う曲などあるのだろうか。外見は地味だが腹の中は派手な思いでいっぱいだ。昔の若者のまま化石化した私を心配しているのだろうか。不満は残るが皆も同じ気持ちかも知れない。だから大好きな二曲は歌うことを諦めた。先輩とのカラオケ会は、たまにしか開かれないが無視できない存在である。

先輩は、ゴルフ、スキー、テニス、パチンコ、マージャン、何でもござれの達人だ。仕事は出来るし英語もペラペラ。一方私は何も出来なくて仕事も苦手な人である。それなのに退職後にも付き合いがあるのは、二つの共通点があったからだ。

それはコンピュータが好きで、カラオケが嫌いということだった。およそ40年前のことだが職場の懇親会後に皆でカラオケバーに行くことになった。カラオケ嫌いの先輩は別行動をとることになり、私を誘ってくれた。そこはスピークロウと言う名のジャズを中心にライブを行っていた店と記憶している。ピアノとジャズボーカルが楽しめる落ち着いた雰囲気の店だった。

気が付いてみれば40年前のカラオケ嫌いが、何故か二人でカラオケをしている。実は私が誘ったのだ。もっと言えば自分の土俵に入れるつもりでね。ところが先輩は歌もすごく上手かった。二人しかいないので私が歌うときも静かに聞かなければならない。考えてみれば惨いことをしたものだ。下手な歌を聞くのは辛いかも知れない。まだ三回だけだが止めた方がいいかな。

先輩は何でも出来る人だから歌も上手い。しかし、やりたいことが多すぎてカラオケまでは手が回らなかったようだ。一方私は何も出来ない人、カラオケだって出来ないものの一つに過ぎない。一人でこっそり楽しめばいいものを、何故か人前で歌いたくなる。困ったものだ。

「オンチのカラオケ」情報 → グーグル検索結果 

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!


posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | カラオケを楽しむ

2018年07月07日

気楽で楽しい四人会

洋楽カラオケは私にとってレベルが高すぎて緊張する。それなのに何故行くかと言うと、私なりに上手くなりたいからだ。他のカラオケ会にも参加しているが高齢の初心者同士の会である。残念ながら10年たっても何の進歩もない。お互いにね(笑)。

うまい具合に二人、三人、四人のグループに参加している。便宜上、ここでは二人会、三人会(片隅の三人カラオケ)、四人会と呼ぶことにする。今回は四人カラオケ会について書きたいと思う。この会だけは女性が一人居る。他は全て老いたる男ばかりだ。

四人会の世話役はB子さん、連絡調整・会計等すべてやってくれる。ある日突然、どうしたわけかドライブに誘われた。そして「気があるなんて思わないでね」と真顔で念を押された。80歳になるのに気が若い。Bさんは世界中を旅行しているが私は札幌界隈だけだ。この格差が話を面白くしてくれる。もっぱら聞き役だが。

BさんはA学院大学在学中の二十歳で運転免許を取り外車を買ってもらったそうだ。年齢から逆算すると1957年の話である。「ブルーバード誕生」以前だから驚きだ。初の女性ドライバー誕生との見出しで新聞にも載ったそうだ。その頃私は17歳、金を貯めて、やっと中古の自転車を買ったのは、その3年後だった。

四人会は月1回、一度も休まず10年以上続いている。これはBさんのお陰、彼女が居なくなれば自然消滅する運命だ。三人のぐうたら爺さんが、しっかり者のBさんに頼り切っている構図だ。

毎回ジョッキ1杯のビールが付き、年に4回の誕生会にはケーキとワインが付く、これはBさんの手配によるオマケだ。子供じゃあないからお礼もしなければとは思うが、10年間のサービスは現金に換算すると10万円にも及ぶ。相応のプレゼントとは思うが、気があるとか心配させるのも気の毒だから止めておこう。

四人会は一人が歌い、三人がおしゃべりするスタイルだ。それぞれが下手と自覚しているので、「おじょうず」と言われても困る。下手とも言われたくない。ここを直したらもっと良くなると言われても直せない。こんな四人がカラオケを楽しんでいる。

オンチだってカラオケを楽しめばよいと、口で言うのは簡単だが実行となると難しい。上手な人と一緒にやるのは気疲れするし、オンチばかりのカラオケ会もやるせない。両方参加すれば程よいバランスがとれるような気がする。一方が自由に楽しむ機会になり、もう一方が不自由ながら勉強の機会になるからだ。川の流れの様に時には急激に、時には緩やかに流れて行きたい。

グーグル検索で「オンチのカラオケ」 結果はここをクリック! 

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | カラオケを楽しむ

2018年06月30日

合同例会でカラオケデビュー?

ついにネタ切れになる。窮余の策として3年がかりの潜入取材に手をつけた。筋書は、オンチで英語が苦手で口が回らない老人が、多くの試練を乗り越えて文化祭デビューをする、サクセスストーリーである。潜入先はシニアの洋楽カラオケ月例会とした。

取材は自分を知ることから始めた。何となくオンチと思っていたので、これを克服しなければならない。とりあえず音痴について調べたら「大脳の先天的音楽機能不全」であることが分かった。生まれつき脳が無いとはショックだ。この一撃で3年計画は木っ端微塵に砕かれ、文化祭デビューは幻に終る

そんなとき、A会とB会が合同でカラオケ例会を開く話があった。私にとっては千載一遇のチャンスである。例会だからオンチのままでも申し込めば歌えるのだ。50人くらい集まるというから、文化祭デビューの代わりになるだろう。

デビュー曲に16トン (テネシー・アーニ・フォード)を選んだ。単調な繰り返しのメロディーで、聴きながら一緒に歌えるので覚え易い。練習方法はテレビのコマーシャルタイムにCDのテネシー・アーニ・フォードと一緒に歌う。CMと曲の長さがほぼ同じなので、ドラマと歌を交互に楽しめる。まさに一石二鳥である。ドラマの中のCMは大嫌いなのにビデオレコーダーは持っていない。

あれから1ヶ月、ついにその日がやって来た。準備は万端で怠りなし。歌い終わるまで酒は飲まないことにした。なるべく早く歌って早めに帰るつもりだ。歌った後は恥ずかしくて居たたまれないかも知れない。だから三時には帰ると決めていた。一時間程度は酒の力を借りて耐えることができる。

いつもの画面と違うので隣の人に聞くとジョイサウンドと教えてくれた。聞いてビックリしたがもう遅い。馴染みのない機種なので歌わないことにした。慣れないことをしても失敗するに決まっている。カラオケは後回しにして取りあえず一休み。

そう思った途端に緊張の糸が切れた。ステージではデュエット、フロアではダンス。一方私は独りぼっち。「ひとりの俺の行く先は〜 信号燈が 知っている筈さ〜 恋は苦手の 淋しがりやだ〜」とか歌いたい気分だが今回は自重した。ともかくビールを飲みながら楽しいひと時を過ごした。

180627karaoke1.jpg
憧れのステージ、いつか上がる日が来るだろう。

180627karaoke2g.jpg
歌って踊れれば百倍楽しい。いつの日か私も。

A会B会合同カラオケで勝手にデビューと思ったものの、束の間の夢で終わった。これで良かったのだ。筋書きどうりではつまらない。まっすぐ歩いたら前の風景しか見えない。横に曲がるから別の風景が見れるのだ。

マイブログ「オンチのカラオケ」はグーグル検索で一番上に表示されることを目標としている。そうなればブログPRのチラシの代わりになってくれると思う。カラオケ人口は4,750万人と推定されている。その中では多くの音痴が悩み、もがき苦しむと同時に楽しんでいる。そして高齢者の健康増進に寄与しているのである。

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
タグ:SSN
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の洋カラ

2018年06月23日

鴨々川ノスタルジア公式ムック

6月23日の「オンチのカラオケ」更新は休みます
申し訳ありませんが都合により6月23日の更新は休みます。「ぼけっと5号」の原稿執筆に専念したいと思います。何をやってもノロマです。まったくボケっとした話で申し訳ありません。次の更新は6月30日です。よろしくお願い致します。

「ぼけっと」はすすきのと中島公園を流れる鴨々川に思いを巡らせて、毎年開催される「鴨々川ノスタルジア」の公式ムック。すすきの・中島界隈を話題とする超ローカル誌とも言われています。

「ぼけっと1号」2014年10月発刊
141014bocket.jpg
中島公園の歴史について書きました。

「ぼけっと2号」2015年10月発刊
150928bocket2.jpg
菖蒲池の東側に鎮座する「木下成太郎像」について。

「ぼけっと3号」2016年10月発刊
160926Bcket3.jpg
160925bocket3nakapa.jpg
中島公園で子育てを完遂した11羽の子を持つオシドリママ。

「ぼけっと4号」2017年9月発刊
2017bocket4.jpg
薄野生まれで中島育ちのマガモ親子について書きました。

ぼけっと5号の発刊は9月の予定ですが、原稿の締め切りは今月の23日です。それで今週の「オンチのカラオケ」は休みました。5号には中島公園内を流れる鴨々川にサクラマスが遡上して産卵した。という2007年秋に起こった珍事について書きました。河川工事をめぐる三事件の一つです。

ウェブサイト「中島パフェ」管理人nakapa
(このブログの管理人でもあります)
posted by 中波三郎 at 18:25| Comment(0) | その他

2018年06月16日

片隅の三人カラオケ 

2015年4月頃 片隅の三人カラオケ 
知り合った時は若者だったが、お爺さんになったら3人でカラオケをしている。月日のたつのは早いものだ。もともとは昔話を楽しんでいたのだが、10年もすると話のタネも尽きてしまった。ランチの代わりのカラオケである。

そもそもこの三人は、カラオケとか遊ぶことには全く縁がなかった「片隅の仲間」だ。スポーツと遊びが盛んな職場では、三人とも真面目一方で目立たない存在だった。ひょっとして、面白くない人として目立っていたのかも知れない。

M君とN君は根っから真面目で、仕事も普通に出来る人。一方私は必要に迫られて真面目なフリをしていた。どんな職場でも不真面目で仕事の出来ない人間の居場所はない。仕事が苦手な私は、不本意ながら真面目にしていた。

M君は真面目以外を全く認めない人だった。偽物の私から見れば面白くない人だ。そのかわり面倒見が好くて信頼できる人。N君も同じようなタイプだが、たまに隠れて悪いこともする。他人の駐車場に無断で駐車するとかね。お金はなるべく使いたくない人なのだ。

M君はその真面目さが認められて20人の部下を持つ身に昇進した。あの真面目一方で遊び知らずの彼がカラオケをやり始めたと聞いて驚いた。管理職になったらカラオケくらい付き合えなければと真面目に考えて一生懸命練習したようだ。

と言うことで片隅の三人カラオケでも微妙な格差がある。1番M君、2番私、3番N君という序列ができたのだ。N君は歌手の名も曲名もほとんど知らない。「砂山の砂が…、とか言うのあったよな」とか聞くので、私が「錆びたナイフ」と入れる。つまり、カラオケについては無関心なのだ。付き合ってくれているのだと思う。

M君はとても楽しそうに歌う。妙に鼻にかけた声を出したり、ゼスチャーもオーバーでマイクも激しく動いている。真面目な人柄とのギャップが大き過ぎて可笑しかった。軽い違和感を覚えたけれど、三人で楽しんでいることに比べれば取るに足らないことだ。

気分が好くなり身振り手振りを入れて楽しく歌えば、周りも楽しくなり盛り上がる。ただし、これは格好良くて上手い人の場合。私の場合は往年の東海林太郎のように直立不動で歌うべきだが体が勝手に動いてしまう。困ったものだ。

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケを楽しむ