2019年02月23日

ストレスあって嬉しい

「好きこそ物の上手なれ」と言われているが、「下手の横好き」もある。カラオケ会の人はみんな凄く上手い。私はその中で唯一の音痴。考えようによってはこれは凄いことだ。ゾウの群の中に小さなネズミが一匹、紛れ込んだようなものだ。いつ踏み潰されても不思議でない状況の中で、生き続けているのである。

もう3年過ぎたがまだ大丈夫。それは何故か、ネズミの私には分からない。多分ゾウたちがネズミをを踏みつけないように気を付けているからだろう。音痴とか本当のことを言われれば、一回目はショック、2回目てショボクレて、3回目でノックアウトだ。

偶然にも優しい人達に囲まれているが、厳しくて正直な人が入ってきたらどうだろう。一人だけでも緊張するし、二人なら萎縮する。三人居たらもうお仕舞だ。もし仕事なら辞められないから地獄だね。テーマからは外れたが自由の身で本当に好かった。

例会は1ヵ月に一回だが、前の自分よりは進化したい。欲を言えば人にも分かるくらいにね。これは極めて困難なことは分かっている。下手な歌を身を入れて聴く人は居ないから、前との比較は不可能だ。しかし例外はある。人に好かれていれば話は別だ。私にとっては更に高いハードルだけど心しておきたい。

何故ならば、どんなに難しい課題でも音痴を直すことに比べれば簡単だ。とは言え、人に好かれるのも凄く難しい。特に私の場合はね。好かれるための努力は殆ど報われない。仕方がないから一生懸命嫌われないように心がけている。これはある程度の効果はある。だけど胸がドキドキときめいたりはしない。

子供の頃は毎日が苦しく、夢は楽をすることだった。その後は右肩上がりの人生で、夢は現実となった。唯一の希望はこの状態が少しでも長く続くことである。健康維持のためには適度のストレスが必要だから、わざわざ苦手なカラオケをやって悩んでいる。生存のためにはストレスは必須だからね。ストレスならこっちにもあるよとか誘われても行かない。楽しくなくちゃぁダメ!

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
タグ:SSN
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2019年01月12日

得意になると笑われる

私の身近では音痴で、しかも同類同士で愚痴りたいと言う人は居ない。仕方がないのでネットで探すことにした。ネット上には有名な「ハゲの会」があるから「音痴の会」もあると思ったのだ。それをキーワードにしてグーグル検索をしたら、私の「音痴のカラオケ そのまま楽しもう!」がトップで表示された。

ただし私のパソコンではね。パーソナライズド検索というらしい。情報の受け手にとっては便利だが、発信者としては迷惑千番な機能である。今までぬか喜びさせられていたことが分かってガッカリした。全く罪作りな新機能である。

結局、「音痴の会」の様なものは見つからなかった。ハゲ同士は語り合えるのに音痴には語り合うチャンスもない。人種差別からハゲ差別に至るまで、いろいろな場面で話し合いが行われ、表立った差別は減る傾向にある。しかし音痴は公の場所で議論されることも無いから、見えない差別が生き続けている。

音痴との闘いは自分との闘いである。一方、相手のある闘いには必勝法がある。例えば私はQPとの闘いに、この必勝法を駆使し大勝利を得た。そして憧れのノンビリ生活を手に入れた。必勝法と言っても大したことではない「挨拶・お世辞・絶対服従」の励行である。しかし勝利への道のりは長い。3年もかかった。

長い付き合いの同居人QPは分かり易い人だ。「ダメダメ、あんたが悪い」の一点張りだから、闘いは「僕が悪かった」の一言で、好きな時に止められる。おまけに騙しやすい。3年たったある日突然、私が主人でQPは奴隷になっていることに気がついた。

QPが進んで挨拶をして、お世辞を言うようになった。私の態度が好くなったので真似しているつもりかも知れない。服従についてはサービスを受ける一方だから、確認するチャンスがない。三度の食事から掃除、洗濯とか何でも進んでやってくれるのだ。

一方、音痴との闘いを始めて3年たったが、目に見える進歩はない。自分との闘いはまるでコンニャクと豆腐の叩き合いみたいで、歯ごたえも手応えもない。一見、泥沼状態で動けないように見えるが、薄日は射している。それは何かと言うには、ちょっと早すぎる。ここは我慢だ。この程度で得意になると笑われる。
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2018年08月18日

すべて上手く行ったが?

考えてみると音楽だけでなく全ての機能が不全だ。体力もなくて不器用、しかも仕事が遅い。若い時は最低レベルの労働者だった。それでも悩んだことがない。いつも、この状態から如何にして脱出するかを一生懸命考えていた。そのため9年間も職を転々とし、24歳近くでやっと定職に就いた。

定職に付いたがノロマには向かない仕事だった。大抵の仕事はそうだけどね。しかし9年間求めて、やっと得た定職なので一生懸命働いた。職を転々とした経験から、辞めたくなければ我慢に我慢を重ねてクソ真面目に働くしかないことを知っていた。とにかく上手く化けて無事に定年を迎えることができた。

本当は怠け者なのに無理をし過ぎた。そのため外見と心の中が全く違う二重人格になってしまった。カラオケでも「ダイナマイトが150トン」とか、私らしくない歌が大好きだ。似合わないから止めろと言われるけどね。洋楽カラオケもその類だ。お呼びじゃないのに失礼している。

ところで、退職したら家でのんびりと思っていたが間違いだった。我が家は既に老妻の占領下にあったのだ。鉛筆一本でも好きな場所に置く自由はない。私の城と思っていた家の中で、こんなモンスターが粛々と育っていたとは夢にも思わなかった。

モンスターにはカイジュウで対抗すべきだが、変身できないので懐柔策をとった。先ず挨拶の励行、有難うの連発、一日に一回は「あなたの食事のお陰で長生き出来ました」とか感謝の気持ちを口にする。そして何事にも逆らわないことが肝心である。

忍耐に忍耐を重ねる懐柔戦は苦しくて長期に及ぶが、必勝の作戦である。多くの奥様方がこの作戦で勝利し家族を支配している。私だってあやかりたい。勝利の報酬は楽ちん生活だった。

すべて上手く行ったが何か足りない。何とかして二重人格を解消したい。そのためにカラオケでロック・アラウンド・ザ・クロックを歌っても違和感を感じさせない人になりたい、とか出来もしないことを考えた。それでいいのだ。現実はつまらない。

参考:現在の検索結果 オンチのカラオケ 音痴のカラオケ

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!


posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2018年08月04日

オンチ記念日

私は幸せ者だ。自分を縛る全てのことから解放されてノンビリと暮らしている。ところが大変なことを知ってしまった。それは人間が生きるためには適度のストレスが必要と言うことだ。でも大丈夫、カラオケは心臓がドキドキする程の緊張感を与えてくれる。

「私オンチです」と言うと次のような言葉が返ってくる「そうでもないよ」「楽しければいいじゃない」。そして歌の上手い人までが「私もオンチ」と言ったりする。何が何だかサッパリ分からない。

それでオンチのことを詳しく知りたくなった。手掛かりの一助として「オンチのカラオケ」を開設したが、全国のオンチよ団結せよとか訴えるつもりは毛頭ない。大勢のオンチに取り巻かれたら大変だ。考えただけで身の毛がよだつ。

オンチのことを真剣に考えるようになったのは、およそ3年前からだ。始めて英語で歌ったら、なかなか上手く行かない。こんな筈はない何でこうなるんだと戸惑った。そして私こそ真のオンチだと気が付いた。つまりパンドラの箱は開けられたのである。

その歌はダメねと君が言ったから洋カラ初日はオンチ記念日
大好きな「サラダ記念日」を真似て記念日を制定した(笑)。

パンドラの箱からは不安、悩み、羞恥、後悔が溢れ出て残ったのは希望だけだった。新しい自分を発見して俄かに希望が湧いて来た。先天的音楽機能不全か、つまり生まれつきと言うことだ。ならば親から引き継いだ負の遺産は私の代でゼロにしてやろう。冥土への土産のつもりだ。

ブログでジョークを書いて、カラオケで歌って、好きなドラマを観て楽しんでいる。煩わしい日常茶飯事をやってくれる人も居る。感謝の言葉は忘れないが体は動かさない。だが夢の様な暮らしも崩れる時は一瞬だろう。健康維持のためには適度なストレスも必要だ。私にとって健康増進薬になるカラオケも、聞いた人には副作用を与えるのだろうか? 

参考:現在の検索結果 オンチのカラオケ 音痴のカラオケ

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!

posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2018年04月28日

長生きだけは人並み以上

2018年4月28日 長生きだけは人並み以上
馬力もないし動きも鈍い。こんな身体に愛想をつかしていた。にも拘らず、結果的に身体にいいことをして望外の長生きをしている。その代り自分が本当にやりたいと思っていたことは、何一つ出来ていない。文字通り馬齢を重ねているのだ。

大きなことはもちろん、皆が出来る小さなことも出来ていない。それはパソコンの習得であり、もう一つは人並みに歌えるようになることである。両方とも本来の目的は達成できなかった。しかし、その副産物は極めて大きかった。無意識で健康の為に凄くよいことをやっていたのだ。

オンチなのにカラオケをやっている。ところが健康の為にとても良いことだと言ってくれる人がいた。半信半疑の私はネットで調べてみたら、その効用があらゆる分野に及ぶのでビックリした。

ダイエット、ストレス軽減、消化機能、腰痛、精神の安定、脳の活性化、認知症の防止、高血圧の改善、さらに小顔効果まであると言うのだから驚きだ。歌う時に表情筋といわれる筋肉が働くので小顔体操になると言うのだ。にわかには信じがたいが、しっかりと口を開けて歌うと効果的だそうだ。

ところでパソコンの習得だが、始めたの1980年だった。値段は当時の月給の二倍以上した。あれから38年、今ではパソコンのことはサッパリ分からない。その代り健康の為に大きな役割を果たしてくれた。実はアルコール依存症寸前だった。飲んで飲んで脳天まで酔いが回ると凄く気持ちがいい。分かっちゃいるけど止められないのが酒だ。

一人では止められないので藻岩断酒会に入ろうと思っている時に転勤の話があった。転勤先は研修機関だったので当時では珍しいパソコンが、机の上にデンと乗っていた。それが切っ掛けとなりパソコンを買って毎晩自習するようになった。夜はパソコンに集中したお蔭で酒から離れることが出来たのである。

昔はパソコンに命を救われた。今はカラオケで余命を延ばしている。パソコンも歌も苦手のままだが、しっかりと役に立っている。身体の為に良い結果をもたらしてくれたのだ。お陰様でもうじき78歳、周囲の皆さまに感謝をしながら余生を送っている。人生の第四楽章は幸運に恵まれた。今のところはね(笑)。
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2018年04月21日

オンチで好かった

2018年4月21日 オンチで好かった
負け惜しみでなくオンチで好かったと思っている。小さな悩みが大きな悩みの侵入を防いでくれるのだ。いつ病気になって倒れて死んでも不思議でない歳になった。それでも何も考えずに呑気に暮らしているのはオンチのお蔭、まさに音痴様様だ。

天才棋士は5歳から将棋をを始めて15歳で六段になった。65歳でカラオケを始めた私は13年たってもオンチのままだ。その代り大発見をした。それは耳は口ほどオンチではないと言うこと。歌っている最中に何かおかしいと耳で感じることがあるのだ。

ところで歌える人は音程・リズムを操る脳を持っている。伴奏が入れば、それに乗るだけの楽ちん自動運転なのだ。そんな脳を持たない私はマニュアル運転を余儀なくされている。上がるのか下がるのか、スピードはいいのか、常に考えながら歌わなければならない。楽じゃないけど大したもんだ。

リズムについては歌詞につく色の変化である程度補ってくれる。問題は音程だが、ある日偶然、音程も横線で表示されることを知った。音程がズレると上下に表示してくれるのだ。まだ活用方法は分からないが、ツールを見つけだけでも幸いだ。これが第二の大発見。即ち、目は耳ほどオンチではない。ひょっとして、目で歌えるようになるかも知れない。

ここを直せと言われても、音痴はすぐに直せない。しかし先生がコンピュータなら話は別だ。イライラしないし怒らない。人様の要求にトコトン付き合ってくれる。藤井六段は将棋ソフトを使っていたらしい。私もカラオケソフトを使ってオンチ脱出を図りたい。長い付き合いだから片耳くらいは音痴のまま残して置くけどね。

口が歌えないと言って耳に頼る。両方ともダメだと言って目に頼る、挙句の果てにコンピュータ先生。こんなことを考えて何になるかと言えば、暇つぶしになる。暇は潰れていなければならない。空けておくと病気の心配とか、金の悩みとかが次々と入り込む。歌って暮らせば悩みはオンチぐらいしかなくなる。少の虫が大の虫を追い出してくれるのだ。ああオンチで好かった。

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!

posted by 中波三郎 at 21:13| Comment(0) | 音痴の気持ち

2018年04月07日

諦めない人

2018年4月7日 諦めない人
私のオンチ歴は長い、それは小学校から始まった。学級別合唱の時に先生は口だけを開けて声は出さないでと言った。それでも中学生になると楽器を弾きたくなり木琴を買った。初めて叩いたのが西部劇真昼の決闘の主題歌「ハイヌーン」。何故か直ぐに飽きた。曲が木琴に合わなかったと思う。

ハモニカ、ウクレレ、オカリノ、ギターといろいろ手を付けたが、いずれも弾けるようにはならなかった。ピアノなら叩けば音が出ると思い17歳のとき1年ぐらい習った。バイエル82番で止めたが諦めてはいなかった。ピアノさえ持っていればと思ったのだ。

30歳近くなって河合電子オルガンを買って1年ぐらい習った。だが著しく進歩が遅いので、エレクトロニクスの進歩に期待をかけてヤマハエレクトーン、ヤマハコンボオルガン、カシオキーボードと次々と買い替えたが徒労に終わった。

結局マシンではなく原因は自分にあることが分かった。オンチだから何をやっても身に付かないのだ。それでも諦めないでボンゴとコンガを買った。居間に置いて眺めて楽しみ、腹が立った時は叩いて鬱憤を晴らした。しかしマダマダ甘かった。

本当にオンチと自覚したのは最近のことだ。諦める代わりにオンチのことを知ろうと思った。ネットで少し調べたら「大脳の先天的音楽機能不全」と書いてある。謎が解けてホッとした。音楽機能不全、即ち大脳に障害を持ちながらカラオケクラブで健常者と同じステージに立っている。申し訳ないけれど誇らしく思った。

自分の立ち位置が分かると目標ができた。それは普通に歌えるようになることである。音楽機能不全者としては大きな目標だ。2年後は東京オリンピックが開催される。そのころ私は2年計画を達成し普通に歌っているはずだ。歌って踊ってデュエットしているかも知れない。

原因が大脳に起因するオンチと分かれば対応法はいろいろある。直ぐに五つぐらいが頭に浮かんだ。全てを試してダメなときはカラオケを諦めようと思う。一つ2年としても10年はかかる。
カラオケは十年間のヒマつぶし私の自慢それは長生き

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
posted by 中波三郎 at 21:07| Comment(0) | 音痴の気持ち

2018年04月01日

私の夢

2018年4月1日 私の夢
ついにエイプリルフールがやって来た。今年はジョークの代わりに私の夢を語りたい。所属するシニア団体は会員数約600の大所帯だが、一会員でもクラブを立ち上げることが出来る。そこで「オンチのカラオケクラブ」を作りたいと考えた。

先ず、ネットでオンチを克服した体験記を読むと、信じられない思いをした。なぜ1ヵ月でオンチが直るのだ。私はカラオケ始めて13年間オンチのままだ。また「こうすれば音程のズレが分かる」とか書いてあるが、同じことをしてもズレが分からなかった。

この差は、まともな音感の有無から来るらしい。私の様なオンチは音程がズレていることが分からない。「大脳の先天的音楽機能不全」だそうだ。長いので本物のオンチと言う意味で真オンチと呼ぶことにする。

オンチでも音感がある人は仮オンチ。本当は歌えるのだからオンチは仮の姿である。この二つを纏めてオンチと言うのは問題だ。なぜなら仮オンチを直すのは極めて簡単だが、真オンチを矯正するのは至難の業である。

それでも私は諦めない。直らないのなら隠せばいい。ところが参加しているカラオケクラブはレベルが高くオンチを隠すのは不可能だ。幸い別の超高齢初心者のカラオケ会にも参加している、そこで上手いフリをして、オンチ隠蔽の第一歩にしたいと思う。

小人数だが仏様のように優しい人たちの集まりだ。下手な英語で歌っても感心してくれる。申し訳ないけど騙してやろうと思った。だが騙されるのは私かも知れない。いずれも年上でお世辞も得意だし、おだてるのも上手い。

結局、自分のことで精いっぱいで「オンチのカラオケクラブ」の立ち上げは諦めた。今更言うのも何だが、魅力に欠けるから会員は集まらないと思う。代りにブログを開設した。そして一人でブログの更新を重ねて行くことを、私の夢とした。何かを始めればきっと好いことがある。十分の一くらいの確率でね。

ところで私はカラオケクラブで歌を聴くのが大好きだ。皆上手いので聴いていて楽しい。一方、歌うときは凄く緊張して大変だ。幸い、もう一つのカラオケがある。それは超高齢初心者のカラオケ会である。そこでは気楽に楽しく歌っている。一億総活躍社会だから幸せだ。私でも活躍できる場所がある。

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
posted by 中波三郎 at 20:05| Comment(0) | 音痴の気持ち

2017年09月30日

気分が一番大切

2017年09月30日 気分が一番大切
やってはいけない事をしてしまった。それは自分の歌を録音して聞くことである。12年前にカラオケを始めた時、これだけはやらないと決めていた。聞いたらガッカリして歌う気がしなくなると思ったからだ。やっぱりガッカリしたが止める気はしなかった。

12年とは途轍もなく長い時間だ。5歳でフィギュアスケートを始めた少女が世界の頂点に立つまでの時間である。それなのに私の時間は何も残さずにアッと思う間に過ぎ去った。馬齢を重ねるとは正にこのことだ。

ところで、65歳でカラオケを始めて10年たったとき、洋楽カラオケに手をつけた。そして2年たった。結果として好かったと思う。音痴は直らないが言葉は繰り返すことにより口が回るようになる。何となく進歩したような気分になるから有難い。

将棋も玉突きも繰り返して練習したが何の成果もなかった。英語の歌は意味が分からなくても口が回れば、歌えたような気がするから面白い。私にとっては気分が一番大切だ。周囲の人には申し訳ないが聴いてもらえるような歌ではない。それでも人前で歌えば百倍も楽しい。我ながら困った性格だ。自分がこんな人間とは知らなかった。

スポーツや芸能・ゲーム一切できない。いろいろやった結果、自分には生まれつき能力がないのだと諦めた。当然仕事も出来ない。曲がりなりにも英語を使う仕事だった。口が回らない私は繰り返し繰り返し一生懸命練習した。そのせいで本当は怠け者なのに真面目な努力家と誤解された。退職後は化けの皮も少しずつ剥がれ、今は完全脱皮状態である。

当時は仕事だから口が回るようになるまで繰り返すより仕方がなかった。お蔭で繰り返す癖がついた。私にとっては良い癖だ。同じことを何回繰り返しても厭きることがない。そういうものだと思っている。お金もかからないしね。おまけに健康にも良いのだから止められない。

「アンタが英語の歌をね〜」
「ホンの真似事です」
「心配してるんだよ。大丈夫か?」
「訛っていますが何とか」
「そういえばインド人は訛っているな、タンキューとかティンクとかね」
「私の場合は国とか地方は関係ないのです。中波訛りですから」
「中波って何だ?」
中波についてはこちらをClick! →複雑な家族関係

(「空白の22年感」より転載)
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち