2019年10月12日

お前は歌うな(後編)

前編よりの続き
40代のころ初めてカラオケで歌ったが泥酔した同僚から絡まれた。「お前は下手だから歌えと言われても歌うな」としつこく言い続けるのだ。首を振るな、腰くねらすな、気分出すな、その他もろもろ、よくもこんなに覚えていたものだと呆れた。

酔っ払っているから、同じことをなんども繰り返えす。延々と何時間も続き、家に帰ったら午前2時を回っていた。絡んだ同僚は地元の合唱団で歌っていた。職場は全国各地から転勤して来た人ばかりなのに、彼一人が地元の人だった。近所の手前、私の様な非常識な同僚がいることが恥ずかしかったのかも知れない。

 酔って自分を失って無意識に出てきた言葉が「お前は歌うな」だ。世の中でこれほど真実な叫びはない。40前後の分別盛りだから自分を失った時以外本音は出さない。以後、私は二十数年間にわたり人前で歌ったことがない。彼は礼儀正しい、親切な人だ。転勤のときも最後まで面倒をみてくれた。別な土地で再会したときも、自宅に呼んで歓待してくれた。

彼は自分の言ったことを覚えているだろうか。これは永遠の謎と思っていた。お互いに触れたことがなかったのだ。私の歌が彼の心を深く傷つけたことを知ってから歌うのを止めた。

実は彼とは親しくなかった。他所から来た近所の人として、同僚二人を自宅に招いたのだ。この泥酔事件後から親しくなったような気がする。と言うよりも、私は敬遠してたのに彼の方が、なんやかやと親切になったのである。なぜだろう?

この謎は65歳になってカラオケを始めた時に解けた。再び歌うことになり、忌まわしいカラオケ禁止事件を思い出した。これが切っ掛けとなった。私の推測だが、泥酔した彼自身は何も覚えていないと思う。翌日奥さんに叱られたのだ。

彼は一言一句、正確に奥さんから聞かされた。夜中に2時間も同じことを繰り返せば、隣室でもはっきり聞こえて記憶にも残る。彼は自分が喋った一部始終を、素面になってから聞かされたのだ。多分、こんなところと思う。いずれにしろ今になれば懐かしい。
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2019年10月05日

お前は歌うな(前編)

今では考えられないことだが、少年時代はデタラメ歌って楽しんでいた。リズムとか音程は特に意識しなかった。それらは音楽を勉強する生徒が身に付けるものと思っていた。ところがカラオケ・マシンが出来てからは状況が変わった。昔は好かったなぁ。

カラオケ時代になって、私は歌を禁じられてしまった。酔っ払いの言うことだから理屈もへったくれもない。ただ「お前は歌うな」の繰り返しで禁止されてしまった。ことの起こりは、およそ35年前、地方都市のカラオケができる舞台もある店でのこと。酔いがまわった頃、誰が言うでもなく交代で歌おうということになった。
  
 私はカラオケなどやったことが無いので、嫌だといったら、お節介な同僚が出て来て「オレが一緒に歌ってあげる」とか言って、私をグイグイ舞台に引っ張り上げた。ところが、舞台に上がってみると、気が変わり、3番まで気持ちよく歌ってしまった。

実はこれが大失敗。私を連れて一緒に舞台に上がった同僚は、多分自分が歌いたかったのだ。私が歌い出して戸惑ったところで、代わるつもりだったのだろう。音痴でカラオケも初めてなので、どんな風に歌ったかも覚えていない。酔って気分が好かっただけ。これが後で問題を引き起こすとは夢にも思わなかった。

それから、およそ半年後、男3人で友人の家で飲んでいた。自宅に誘ってくれた友人が突然絡んできた。彼は飲み過ぎていて泥酔していた。いつもと違って蛇のようにしつこい。

 「お前はなぁ〜、下手なくせになぜ歌うんだ!」
 「順番だから歌えと言うから、仕方なく…」
 「お前はなっ!歌えと言われても歌ったらダメなんだ」

はじめは何を言ってるのかサッパリ分からなかった。ここに書いたのは、高齢になってカラオケをするようになってから思い出したこと。自分なりに思い出して、整理したつもりだ。 
愚痴は長々と続くので中断、後編に続く。
posted by 中波三郎 at 05:13| Comment(0) | 音痴の気持ち

2019年09月28日

無意味な課題

毎日書いて歌って、とても楽しい。イソップ寓話のキリギリスみたいに、厳しい冬がきたら生きて行けないかも知れない。それも他人事の様に感じてのんびり楽しく暮らしている。

洋楽が好きだが英語で歌う以上、避けて通れないのが発音である。しかし、それ以前の問題がある。正しい発音を知らなければ避けることも出来ないのだ。ところでカラオケでは、ほとんどの場合、英文の上にカタカナが書いてある。

書いてある以上、この通りに歌いなさいとの意味にもとれる。現にカタカナどおりに歌っているのを聞いたことがある。正直言って面白かった。私より年上の高齢者数人で初心者カラオケをしたときのことである。確か「きよしこの夜」だったと思う。

昔流行った「ジャンバラヤ」のこと。グッバイ・ジョーはともかく、この後に続くミー・ガッタ・ゴー(me gotta go)とカナが振ってある。しかし、ミー・ガッタ・ゴーと歌う人はいない。こんな例は数え切れないほどあるが、英語をカタカナに置き換えることは出来ないから仕方がない。外国でも似たようなことやってるだろうか。

音痴だから発音は苦手、活舌が悪く日本語も上手く話せないから英語については言うまでもない。ただ耳は口ほど悪くないと思っていたのに、聴力検査で異常と診断され、補聴器を使うように勧められた。何もかも滅茶苦茶だが割と楽しく歌っている。

発音とか一人前のこと言っているけれど、洋楽カラオケを始めて4年もたつのに、ようやくリズムというか、文字が緑色に変わることに合わせて歌える様になった程度だ。だけど文字色の変化に追いつけなかったり、追い越したりしていた時はつらかった。

伴奏に付いて行けるようになると凄く楽しい。あとは音程が好くなって伴奏に合わせて歌える様になれば更に楽しくなるだろう。私にとっては命尽きるまでの永遠の課題である。

皆さんが普通にやってることが、私にとっては課題となる。ある意味で有難い。優しくて無意味な課題が、現実にある厳しくて根本的な課題を押し退けてくれる。お陰でノンビリ生きられる。
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2019年09月21日

中学では「のど自慢」(カラオケクラブに感謝)

音痴なのに所属するシニア団体のカラオケクラブに参加している。ところで、前回のブログで小学生は唱歌より流行歌が好きと書いたが、中学に入ると、その傾向はますます強くなった。当時の中学は自習が多かった。先生も生活に追われて大変だから授業に出れないこともある。そんな時は自習だ。

クラスの学級委員が、「自習は何をやりますか?」とか聞く。皆口々にのど自慢とか言う。何回もやっているので、いつも同じだ、一人ずつ交代で教壇に立って歌う。まるでカラオケクラブのようだ。好んで歌うのが流行歌、「青い山脈」とか「湯の町エレジー」とかね。上手い人も下手な人も自分なりに楽しむ。

なぜか音痴などと言う言葉はなかった。そういう細かいことを気にしていなかったのだ。今の時代、表立っての差別が減った反面、小さな違いに敏感になっている。音痴がその対象になったのはカラオケ・マシンの普及のせいだと思っている。合唱の授業では重要なことも、自習時間ののど自慢では誰も気にしない。同じ歌でもそれぞれ違っている方が面白い。

誰の歌が上手いか覚えていないが、ユガワ君の落語とヒラタ君の浪曲は別格だった。ユガワ君は学校一の秀才で後に東大に入った。彼は全く勉強しないように見えるが試験をすれば何でも一番だ。家にもよく遊びに行ったが、本立で目立つのはズラリと並んだ落語全集、「無線と実験」「ラジオ技術」等、趣味の本。教科書は粗末に扱われているようだ。鞄に入れたままかな?

ヒラタ君は豪快な感じの男子で、広沢虎造の浪曲「清水次郎長伝」が得意だった。中学生なのにラジオで聴く虎造と同じような声だった。この二人だけが別格で、歌などは誰が上手かったか、ぜんぜん覚えていない。何分昔のことだからね。

音痴とは「先天的音楽機能不全」。不治の病みたいに扱われているが病ではない。背が高いか低いかと同じで、身体はちゃんと動いているし、頭だってそれなりに回っている。世の中が精密になって、小さな違いが大きく見えるようになっただけ。

だが歌が上手くなりたいなら自覚しなければならない。不治なんだから上手くはならないが、少しはマシになる。私自身10年間も何となく音痴と思っていただけで、気にしていなかった。4年前から「先天的音楽機能不全」と言うことを知り、気になった来た。

全く知る必要なかったのにね。それでも知って好かったと思っている。どんな時でも自分を嫌いになれない幸せ者である。だが、私は人間としての機能が全体的に劣っている人。何をやっても上手くできない。だから何をやっても恥ずかしい。

結局、趣味を続ける決め手は恥ずかしさと面白さをを天秤に掛け、面白さが重ければ続けている。もう一つ大切なのは趣味を続けられる環境である。だから、こんな私でも楽しく歌わせてくれる、カラオケクラブに感謝している。
タグ:SSN
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2019年09月14日

ガンバレ音痴!

ドラマが面白いのはあり得ない話を本当らしくみせるからだろう。音痴のドラマは可哀そうか邪魔者なのかは、その場の状況による。いっそ「ガンバレ音痴!」とか言われれば、やる気モリモリになるのだが、なりすぎても傍迷惑だ。悩みは尽きない。

いずれにしろドラマなら哀れな脇役だ。私の未来はどうだろう。果たして、人並みに歌うようになれるのだろうか。それを知るには過去を振り返る必要がある。過去から未来を占うのだ

小学校の学芸会では先生から口パクを強制された。その時は歌わないですむなら、練習もしなくていいと喜んだ。つまり音痴の自覚はなかった。授業は嫌いでも流行歌を子供どうしで歌って楽しんでいた。のど自慢全盛の時代で唱歌より流行歌だった。

カラオケなんかやったことないのに、40歳近くなって半強制的に舞台に引っ張り上げられた。その気になって歌ったら、酔っ払いに絡まれた。「お前は音痴だから頼まれても断れ。絶対に歌うな」と、同じことを3時間も言い続けた。へべれけになっているから、これを延々と繰り返すのだ。歌が大好きな私だが、ここまで言われれば歌う気がしなくなる。

ところが、65歳になったら偶然に導かれてカラオケを始めることになった。まさに意外な展開である。2005年の春だった。私は依然として音痴のままだが、まわりの雰囲気が温かかく、楽しいと感じた。自分が楽しければいいじゃない、と言われれば、そんな気がする。健康にいいと聞くと、それもそうだと思う

それから5年たち、70歳に近づいた頃、道新に「好きになったカラオケ」執筆、北海道新聞のコラム朝の食卓に、そのようなタイトルで書いた。音痴でカラオケについて書く人は居ないと思う。恥ずかしながらやってしまった。今考えると何となく音痴と思っていただけなのだ。幼児のように無邪気に歌っていた。年を重ねるだけでは人間が出来たりしない。馬鹿は死ななきゃ直らない。

更に5年、後期高齢者となる。事もあろうに洋楽カラオケ会に参加した。音痴で外国語も出来ないのにね。英語で歌うことは子供のころからの夢だった。夢だから実現はしないとは思うが、試してみたかった。やっぱりダメだったが、会の雰囲気がいいから、もう少し試そうと思っている。もう少し、もう少しでもう4年たった。

2018年4月1日、エイプリルフールにユニークなブログ、「オンチのカラオケ」を開設した。そして1年半になろうとしているが、「音痴なのにガンバってエライね」と褒められたことがない。

音痴は生まれつきだから直らないが、丸出しはいけない。「丸出しにして何が悪い」と胸を張って言えないものが他にもあるよね。その場合も隠そうとして見えてしまうのなら許される。隠してもあるモノはあるが、できるだけ隠すのがナマーと思う。
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2019年07月20日

空気を読む

身も心もスッカラカンで頭も空っぽだ。新聞を読み、テレビやネットから情報を得ると、空っぽの頭の中にストンと落ちて来る。先日は珍しく本を読んだら空気という二文字が落ちて来た。

人は空気の支配下にある。もし空気が無ければ5分もすれば死ぬだろう。最近は食事中に飲み込み所を間違えて、呼吸が出来なくなることがある。1分くらいと思うが凄く長く感じる。以前は咽ても咳き込んでお仕舞だが、最近は息が詰まるのだ。空気はあっても肺に入らなければ無いのと同じだ。苦しいよ。

ところで本で読んだのは、空気のもう一つの意味だった。即ち「人々の気持を支配するようなその場の情況。雰囲気」である。空気は読まなければならないと思う。そして忖度する。そうすれば空気を吸い込んで楽しく生きることが出来る。社会的にね。

音痴なのにカラオケクラブで歌っている。字が読めないのに同人誌に投稿しているようなものだ。「同人誌とは、あらゆる人達の如何なる表現も許される、自費制作の雑誌」だそうだ。ここにも下手でも参加できるものがあった。私にとっては新発見である。

カラオケ会に参加するようになって14年もたった。しかし、自分が真の音痴と気づいたのは3年まえのことである。苦節3年と言うところだ。それまでは何も知らすに無邪気に楽しんでいた。これも老人の生き方の一つだから否定する気はない。しかし気づいた以上は、そのままでは詰まらない。

カラオケクラブの人たちには心から感謝している。実は自分の立場に気付いてから3年。常に空気を読むセンサーを働かしている。いくら読んでも、「お前は来るな」とは読めない。センサーが老朽化したようだ。言い換えれば老人力がついたのである。

何はともあれ、皆さんのお陰で喜んで参加して楽しんでいる。人間も動物だからピーチクパーチク鳴いている小鳥と一緒、歌うことを嫌う人は居ない。音痴の私が言うのだから本当だよ。だから私を楽しく歌わせてくれる皆さんに感謝している。

音痴は人並みに歌えるようにはなれないが、幸い来年には80歳になれる。気分的にハードルが一段下がった感じだ。80歳で人並み歌えるようになるつもりだ。もちろん80代としてね。
タグ:SSN
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2019年06月08日

分かり易い方がいい

テレビを観ていたら私の知らない話をしていた。命の設計図と言われる遺伝子には、スイッチの様なものがあり、そのオンとオフを切り替えれば、幾らでも働きを変えられると言うのだ。音楽などの能力に関わる遺伝子まで、全てにスイッチがあり、コントロールできる可能性があることが分かったと言う。

と言うことは、私の音楽遺伝子はオフになっている。科学技術の力で何とかしてオンにすれば、たちまちフランク永井やフランキー・レーンの様になれるのだ。残念ながら半世紀ばかり生まれるのが早すぎた。20年後に実用化できるとして、私は98歳になる。遺伝子を組み替えるには遅いような気がする。

生まれつきだから仕方がないと、全てを忘れて自分なりに楽しもうと思っていた。それなのに遺伝子だってコントロールできると言う。何とも人騒がせな世の中になったものだ。もし、そうならばハゲの遺伝子はオフにできる筈だ。私は人類最後の音痴でハゲの人になるのだろうか? ついてないね。

以上はテレビでチョコっと観ただけで、遺伝子に関しては何の知識もない頭で考えたこと。人間には無限の可能性があると聞いてワクワクしてしまったのだ。テレビ放送のタイトルは「DNAスイッチが運命を変える」だった。

約20年前、ネットが普及し始めた頃もワクワクしていた。個人でも世界に向けて情報発信できる。情報の民主化が進むと思っていた。ところが、「GAFA」と呼ばれるグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンに独占的に世界市場を支配された。庶民のウェブサイトはネットのゴミとなり、深いところに埋まっている。

世の中がどう変わっても、一部の人たちに富が集中し、全体を支配する構図は変わらない。それでも選挙の一票を持っているから民主主義だ。しかも家の中では自由を満喫している。

人工知能(AI)とか遺伝子組み換えに手を付けて大丈夫なのだろうか。難しすぎて分からない。最近は分からないことがドンドン増えて行き、手のつけようがない。結局、家族仲良く健康に気をつけて楽しく過ごそうと言うことになる。分かり易いからね。
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2019年04月13日

カラオケと宇宙旅行

音痴なのに、よく13年も歌い続けたと、褒められたことはない。仕方がないから自分で褒めて喜んだ。先ず、何となく音痴から「真面目な音痴」へと進化したのが偉い。うん、とても嬉しい。

高齢になってカラオケを始めたが、何となく音痴と思っていた。しかし、楽しければいいんだよと言われれば素直にそう信じた。約3年前に重い音痴と自覚して落ち込んだ。人は落ちれば這い上がろうと努力する。そこに進化が生まれるのだ。そして「諦めない音痴」になった。しかし人間は諦めが肝心だ。

歌を楽しめるのはカラオケ専用装置のお蔭だ。マシンは感情がないから有り難い。歌が下手でも文句も言わずに淡々と伴奏を続けてくれる。人が弾くピアノ伴奏ならそうは行かない。

ところで、先日のカラオケ会で偶然耳にした会話。
「何処で練習するのですか?」
「何もしません。ここで歌うだけですよ」
と言った。う〜ん、歌の上手い人は練習などしないのだ。

そう思ったら凹んだ。一生懸命練習しても一番下手のままだ。それでも順番が来れば喜んで歌う。私は物事を遠い昔と比べて考えている。1950年代に伴奏付きで歌える人は上手い人に限られていた。私にとっては宇宙旅行と同じように叶わぬ夢だ。カラオケは存在しないのだかから想像さえ出来なかった。

今なら両方とも可能だが、宇宙旅行の値段は1050万円〜22億円だそうだ。それなのにカラオケ会は550円、それでも伴奏がありマイクがありバチバチと拍手まである。宇宙旅行もカラオケもコンピュータ無しでは不可能だから、1950年代では夢物語に過ぎなかった。当時私は中学生で「宇宙旅行協会」に入会、単なる夢で終わったが、カラオケは50年後に現実となった。

仮想現実とはコンピュータの中に作られた仮想的な世界を、現実のように体験させる技術だそうだ。実用化されたものとしてはフライトシミュレータがある。一方、ゲームセンターにもいろいろあるが、もっと大規模で全身で入って行けるものが欲しい。

もし仮想現実で私自身が映画のヒーローになれるマシンが出来たとする。しかも4時間550円で手軽に遊べるとしたら素晴らしい。アクションよりもラブロマンスの方がいい。「カサブランカ」のリックの役をやってみたい。状況は複雑だが現在の技術を発展させれば可能と思う。進歩のスピードが速くなっているので、値段はともかく案外早く実現されるかも知れない。楽しみである。
タグ:SSN
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2019年02月23日

ストレスあって嬉しい

「好きこそ物の上手なれ」と言われているが、「下手の横好き」もある。カラオケ会の人はみんな凄く上手い。私はその中で唯一の音痴。考えようによってはこれは凄いことだ。ゾウの群の中に小さなネズミが一匹、紛れ込んだようなものだ。いつ踏み潰されても不思議でない状況の中で、生き続けているのである。

もう3年過ぎたがまだ大丈夫。それは何故か、ネズミの私には分からない。多分ゾウたちがネズミをを踏みつけないように気を付けているからだろう。音痴とか本当のことを言われれば、一回目はショック、2回目てショボクレて、3回目でノックアウトだ。

偶然にも優しい人達に囲まれているが、厳しくて正直な人が入ってきたらどうだろう。一人だけでも緊張するし、二人なら萎縮する。三人居たらもうお仕舞だ。もし仕事なら辞められないから地獄だね。テーマからは外れたが自由の身で本当に好かった。

例会は1ヵ月に一回だが、前の自分よりは進化したい。欲を言えば人にも分かるくらいにね。これは極めて困難なことは分かっている。下手な歌を身を入れて聴く人は居ないから、前との比較は不可能だ。しかし例外はある。人に好かれていれば話は別だ。私にとっては更に高いハードルだけど心しておきたい。

何故ならば、どんなに難しい課題でも音痴を直すことに比べれば簡単だ。とは言え、人に好かれるのも凄く難しい。特に私の場合はね。好かれるための努力は殆ど報われない。仕方がないから一生懸命嫌われないように心がけている。これはある程度の効果はある。だけど胸がドキドキときめいたりはしない。

子供の頃は毎日が苦しく、夢は楽をすることだった。その後は右肩上がりの人生で、夢は現実となった。唯一の希望はこの状態が少しでも長く続くことである。健康維持のためには適度のストレスが必要だから、わざわざ苦手なカラオケをやって悩んでいる。生存のためにはストレスは必須だからね。ストレスならこっちにもあるよとか誘われても行かない。楽しくなくちゃぁダメ!

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
タグ:SSN
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2019年01月12日

得意になると笑われる

私の身近では音痴で、しかも同類同士で愚痴りたいと言う人は居ない。仕方がないのでネットで探すことにした。ネット上には有名な「ハゲの会」があるから「音痴の会」もあると思ったのだ。それをキーワードにしてグーグル検索をしたら、私の「音痴のカラオケ そのまま楽しもう!」がトップで表示された。

ただし私のパソコンではね。パーソナライズド検索というらしい。情報の受け手にとっては便利だが、発信者としては迷惑千番な機能である。今までぬか喜びさせられていたことが分かってガッカリした。全く罪作りな新機能である。

結局、「音痴の会」の様なものは見つからなかった。ハゲ同士は語り合えるのに音痴には語り合うチャンスもない。人種差別からハゲ差別に至るまで、いろいろな場面で話し合いが行われ、表立った差別は減る傾向にある。しかし音痴は公の場所で議論されることも無いから、見えない差別が生き続けている。

音痴との闘いは自分との闘いである。一方、相手のある闘いには必勝法がある。例えば私はQPとの闘いに、この必勝法を駆使し大勝利を得た。そして憧れのノンビリ生活を手に入れた。必勝法と言っても大したことではない「挨拶・お世辞・絶対服従」の励行である。しかし勝利への道のりは長い。3年もかかった。

長い付き合いの同居人QPは分かり易い人だ。「ダメダメ、あんたが悪い」の一点張りだから、闘いは「僕が悪かった」の一言で、好きな時に止められる。おまけに騙しやすい。3年たったある日突然、私が主人でQPは奴隷になっていることに気がついた。

QPが進んで挨拶をして、お世辞を言うようになった。私の態度が好くなったので真似しているつもりかも知れない。服従についてはサービスを受ける一方だから、確認するチャンスがない。三度の食事から掃除、洗濯とか何でも進んでやってくれるのだ。

一方、音痴との闘いを始めて3年たったが、目に見える進歩はない。自分との闘いはまるでコンニャクと豆腐の叩き合いみたいで、歯ごたえも手応えもない。一見、泥沼状態で動けないように見えるが、薄日は射している。それは何かと言うには、ちょっと早すぎる。ここは我慢だ。この程度で得意になると笑われる。
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち