2019年07月20日

空気を読む

身も心もスッカラカンで頭も空っぽだ。新聞を読み、テレビやネットから情報を得ると、空っぽの頭の中にストンと落ちて来る。先日は珍しく本を読んだら空気という二文字が落ちて来た。

人は空気の支配下にある。もし空気が無ければ5分もすれば死ぬだろう。最近は食事中に飲み込み所を間違えて、呼吸が出来なくなることがある。1分くらいと思うが凄く長く感じる。以前は咽ても咳き込んでお仕舞だが、最近は息が詰まるのだ。空気はあっても肺に入らなければ無いのと同じだ。苦しいよ。

ところで本で読んだのは、空気のもう一つの意味だった。即ち「人々の気持を支配するようなその場の情況。雰囲気」である。空気は読まなければならないと思う。そして忖度する。そうすれば空気を吸い込んで楽しく生きることが出来る。社会的にね。

音痴なのにカラオケクラブで歌っている。字が読めないのに同人誌に投稿しているようなものだ。「同人誌とは、あらゆる人達の如何なる表現も許される、自費制作の雑誌」だそうだ。ここにも下手でも参加できるものがあった。私にとっては新発見である。

カラオケ会に参加するようになって14年もたった。しかし、自分が真の音痴と気づいたのは3年まえのことである。苦節3年と言うところだ。それまでは何も知らすに無邪気に楽しんでいた。これも老人の生き方の一つだから否定する気はない。しかし気づいた以上は、そのままでは詰まらない。

カラオケクラブの人たちには心から感謝している。実は自分の立場に気付いてから3年。常に空気を読むセンサーを働かしている。いくら読んでも、「お前は来るな」とは読めない。センサーが老朽化したようだ。言い換えれば老人力がついたのである。

何はともあれ、皆さんのお陰で喜んで参加して楽しんでいる。人間も動物だからピーチクパーチク鳴いている小鳥と一緒、歌うことを嫌う人は居ない。音痴の私が言うのだから本当だよ。だから私を楽しく歌わせてくれる皆さんに感謝している。

音痴は人並みに歌えるようにはなれないが、幸い来年には80歳になれる。気分的にハードルが一段下がった感じだ。80歳で人並み歌えるようになるつもりだ。もちろん80代としてね。
タグ:SSN
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2019年06月08日

分かり易い方がいい

テレビを観ていたら私の知らない話をしていた。命の設計図と言われる遺伝子には、スイッチの様なものがあり、そのオンとオフを切り替えれば、幾らでも働きを変えられると言うのだ。音楽などの能力に関わる遺伝子まで、全てにスイッチがあり、コントロールできる可能性があることが分かったと言う。

と言うことは、私の音楽遺伝子はオフになっている。科学技術の力で何とかしてオンにすれば、たちまちフランク永井やフランキー・レーンの様になれるのだ。残念ながら半世紀ばかり生まれるのが早すぎた。20年後に実用化できるとして、私は98歳になる。遺伝子を組み替えるには遅いような気がする。

生まれつきだから仕方がないと、全てを忘れて自分なりに楽しもうと思っていた。それなのに遺伝子だってコントロールできると言う。何とも人騒がせな世の中になったものだ。もし、そうならばハゲの遺伝子はオフにできる筈だ。私は人類最後の音痴でハゲの人になるのだろうか? ついてないね。

以上はテレビでチョコっと観ただけで、遺伝子に関しては何の知識もない頭で考えたこと。人間には無限の可能性があると聞いてワクワクしてしまったのだ。テレビ放送のタイトルは「DNAスイッチが運命を変える」だった。

約20年前、ネットが普及し始めた頃もワクワクしていた。個人でも世界に向けて情報発信できる。情報の民主化が進むと思っていた。ところが、「GAFA」と呼ばれるグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンに独占的に世界市場を支配された。庶民のウェブサイトはネットのゴミとなり、深いところに埋まっている。

世の中がどう変わっても、一部の人たちに富が集中し、全体を支配する構図は変わらない。それでも選挙の一票を持っているから民主主義だ。しかも家の中では自由を満喫している。

人工知能(AI)とか遺伝子組み換えに手を付けて大丈夫なのだろうか。難しすぎて分からない。最近は分からないことがドンドン増えて行き、手のつけようがない。結局、家族仲良く健康に気をつけて楽しく過ごそうと言うことになる。分かり易いからね。
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2019年04月13日

カラオケと宇宙旅行

音痴なのに、よく13年も歌い続けたと、褒められたことはない。仕方がないから自分で褒めて喜んだ。先ず、何となく音痴から「真面目な音痴」へと進化したのが偉い。うん、とても嬉しい。

高齢になってカラオケを始めたが、何となく音痴と思っていた。しかし、楽しければいいんだよと言われれば素直にそう信じた。約3年前に重い音痴と自覚して落ち込んだ。人は落ちれば這い上がろうと努力する。そこに進化が生まれるのだ。そして「諦めない音痴」になった。しかし人間は諦めが肝心だ。

歌を楽しめるのはカラオケ専用装置のお蔭だ。マシンは感情がないから有り難い。歌が下手でも文句も言わずに淡々と伴奏を続けてくれる。人が弾くピアノ伴奏ならそうは行かない。

ところで、先日のカラオケ会で偶然耳にした会話。
「何処で練習するのですか?」
「何もしません。ここで歌うだけですよ」
と言った。う〜ん、歌の上手い人は練習などしないのだ。

そう思ったら凹んだ。一生懸命練習しても一番下手のままだ。それでも順番が来れば喜んで歌う。私は物事を遠い昔と比べて考えている。1950年代に伴奏付きで歌える人は上手い人に限られていた。私にとっては宇宙旅行と同じように叶わぬ夢だ。カラオケは存在しないのだかから想像さえ出来なかった。

今なら両方とも可能だが、宇宙旅行の値段は1050万円〜22億円だそうだ。それなのにカラオケ会は550円、それでも伴奏がありマイクがありバチバチと拍手まである。宇宙旅行もカラオケもコンピュータ無しでは不可能だから、1950年代では夢物語に過ぎなかった。当時私は中学生で「宇宙旅行協会」に入会、単なる夢で終わったが、カラオケは50年後に現実となった。

仮想現実とはコンピュータの中に作られた仮想的な世界を、現実のように体験させる技術だそうだ。実用化されたものとしてはフライトシミュレータがある。一方、ゲームセンターにもいろいろあるが、もっと大規模で全身で入って行けるものが欲しい。

もし仮想現実で私自身が映画のヒーローになれるマシンが出来たとする。しかも4時間550円で手軽に遊べるとしたら素晴らしい。アクションよりもラブロマンスの方がいい。「カサブランカ」のリックの役をやってみたい。状況は複雑だが現在の技術を発展させれば可能と思う。進歩のスピードが速くなっているので、値段はともかく案外早く実現されるかも知れない。楽しみである。
タグ:SSN
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2019年02月23日

ストレスあって嬉しい

「好きこそ物の上手なれ」と言われているが、「下手の横好き」もある。カラオケ会の人はみんな凄く上手い。私はその中で唯一の音痴。考えようによってはこれは凄いことだ。ゾウの群の中に小さなネズミが一匹、紛れ込んだようなものだ。いつ踏み潰されても不思議でない状況の中で、生き続けているのである。

もう3年過ぎたがまだ大丈夫。それは何故か、ネズミの私には分からない。多分ゾウたちがネズミをを踏みつけないように気を付けているからだろう。音痴とか本当のことを言われれば、一回目はショック、2回目てショボクレて、3回目でノックアウトだ。

偶然にも優しい人達に囲まれているが、厳しくて正直な人が入ってきたらどうだろう。一人だけでも緊張するし、二人なら萎縮する。三人居たらもうお仕舞だ。もし仕事なら辞められないから地獄だね。テーマからは外れたが自由の身で本当に好かった。

例会は1ヵ月に一回だが、前の自分よりは進化したい。欲を言えば人にも分かるくらいにね。これは極めて困難なことは分かっている。下手な歌を身を入れて聴く人は居ないから、前との比較は不可能だ。しかし例外はある。人に好かれていれば話は別だ。私にとっては更に高いハードルだけど心しておきたい。

何故ならば、どんなに難しい課題でも音痴を直すことに比べれば簡単だ。とは言え、人に好かれるのも凄く難しい。特に私の場合はね。好かれるための努力は殆ど報われない。仕方がないから一生懸命嫌われないように心がけている。これはある程度の効果はある。だけど胸がドキドキときめいたりはしない。

子供の頃は毎日が苦しく、夢は楽をすることだった。その後は右肩上がりの人生で、夢は現実となった。唯一の希望はこの状態が少しでも長く続くことである。健康維持のためには適度のストレスが必要だから、わざわざ苦手なカラオケをやって悩んでいる。生存のためにはストレスは必須だからね。ストレスならこっちにもあるよとか誘われても行かない。楽しくなくちゃぁダメ!

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
タグ:SSN
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2019年01月12日

得意になると笑われる

私の身近では音痴で、しかも同類同士で愚痴りたいと言う人は居ない。仕方がないのでネットで探すことにした。ネット上には有名な「ハゲの会」があるから「音痴の会」もあると思ったのだ。それをキーワードにしてグーグル検索をしたら、私の「音痴のカラオケ そのまま楽しもう!」がトップで表示された。

ただし私のパソコンではね。パーソナライズド検索というらしい。情報の受け手にとっては便利だが、発信者としては迷惑千番な機能である。今までぬか喜びさせられていたことが分かってガッカリした。全く罪作りな新機能である。

結局、「音痴の会」の様なものは見つからなかった。ハゲ同士は語り合えるのに音痴には語り合うチャンスもない。人種差別からハゲ差別に至るまで、いろいろな場面で話し合いが行われ、表立った差別は減る傾向にある。しかし音痴は公の場所で議論されることも無いから、見えない差別が生き続けている。

音痴との闘いは自分との闘いである。一方、相手のある闘いには必勝法がある。例えば私はQPとの闘いに、この必勝法を駆使し大勝利を得た。そして憧れのノンビリ生活を手に入れた。必勝法と言っても大したことではない「挨拶・お世辞・絶対服従」の励行である。しかし勝利への道のりは長い。3年もかかった。

長い付き合いの同居人QPは分かり易い人だ。「ダメダメ、あんたが悪い」の一点張りだから、闘いは「僕が悪かった」の一言で、好きな時に止められる。おまけに騙しやすい。3年たったある日突然、私が主人でQPは奴隷になっていることに気がついた。

QPが進んで挨拶をして、お世辞を言うようになった。私の態度が好くなったので真似しているつもりかも知れない。服従についてはサービスを受ける一方だから、確認するチャンスがない。三度の食事から掃除、洗濯とか何でも進んでやってくれるのだ。

一方、音痴との闘いを始めて3年たったが、目に見える進歩はない。自分との闘いはまるでコンニャクと豆腐の叩き合いみたいで、歯ごたえも手応えもない。一見、泥沼状態で動けないように見えるが、薄日は射している。それは何かと言うには、ちょっと早すぎる。ここは我慢だ。この程度で得意になると笑われる。
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2018年08月18日

すべて上手く行ったが?

考えてみると音楽だけでなく全ての機能が不全だ。体力もなくて不器用、しかも仕事が遅い。若い時は最低レベルの労働者だった。それでも悩んだことがない。いつも、この状態から如何にして脱出するかを一生懸命考えていた。そのため9年間も職を転々とし、24歳近くでやっと定職に就いた。

定職に付いたがノロマには向かない仕事だった。大抵の仕事はそうだけどね。しかし9年間求めて、やっと得た定職なので一生懸命働いた。職を転々とした経験から、辞めたくなければ我慢に我慢を重ねてクソ真面目に働くしかないことを知っていた。とにかく上手く化けて無事に定年を迎えることができた。

本当は怠け者なのに無理をし過ぎた。そのため外見と心の中が全く違う二重人格になってしまった。カラオケでも「ダイナマイトが150トン」とか、私らしくない歌が大好きだ。似合わないから止めろと言われるけどね。洋楽カラオケもその類だ。お呼びじゃないのに失礼している。

ところで、退職したら家でのんびりと思っていたが間違いだった。我が家は既に老妻の占領下にあったのだ。鉛筆一本でも好きな場所に置く自由はない。私の城と思っていた家の中で、こんなモンスターが粛々と育っていたとは夢にも思わなかった。

モンスターにはカイジュウで対抗すべきだが、変身できないので懐柔策をとった。先ず挨拶の励行、有難うの連発、一日に一回は「あなたの食事のお陰で長生き出来ました」とか感謝の気持ちを口にする。そして何事にも逆らわないことが肝心である。

忍耐に忍耐を重ねる懐柔戦は苦しくて長期に及ぶが、必勝の作戦である。多くの奥様方がこの作戦で勝利し家族を支配している。私だってあやかりたい。勝利の報酬は楽ちん生活だった。

すべて上手く行ったが何か足りない。何とかして二重人格を解消したい。そのためにカラオケでロック・アラウンド・ザ・クロックを歌っても違和感を感じさせない人になりたい、とか出来もしないことを考えた。それでいいのだ。現実はつまらない。

参考:現在の検索結果 オンチのカラオケ 音痴のカラオケ

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!


posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2018年08月04日

オンチ記念日

私は幸せ者だ。自分を縛る全てのことから解放されてノンビリと暮らしている。ところが大変なことを知ってしまった。それは人間が生きるためには適度のストレスが必要と言うことだ。でも大丈夫、カラオケは心臓がドキドキする程の緊張感を与えてくれる。

「私オンチです」と言うと次のような言葉が返ってくる「そうでもないよ」「楽しければいいじゃない」。そして歌の上手い人までが「私もオンチ」と言ったりする。何が何だかサッパリ分からない。

それでオンチのことを詳しく知りたくなった。手掛かりの一助として「オンチのカラオケ」を開設したが、全国のオンチよ団結せよとか訴えるつもりは毛頭ない。大勢のオンチに取り巻かれたら大変だ。考えただけで身の毛がよだつ。

オンチのことを真剣に考えるようになったのは、およそ3年前からだ。始めて英語で歌ったら、なかなか上手く行かない。こんな筈はない何でこうなるんだと戸惑った。そして私こそ真のオンチだと気が付いた。つまりパンドラの箱は開けられたのである。

その歌はダメねと君が言ったから洋カラ初日はオンチ記念日
大好きな「サラダ記念日」を真似て記念日を制定した(笑)。

パンドラの箱からは不安、悩み、羞恥、後悔が溢れ出て残ったのは希望だけだった。新しい自分を発見して俄かに希望が湧いて来た。先天的音楽機能不全か、つまり生まれつきと言うことだ。ならば親から引き継いだ負の遺産は私の代でゼロにしてやろう。冥土への土産のつもりだ。

ブログでジョークを書いて、カラオケで歌って、好きなドラマを観て楽しんでいる。煩わしい日常茶飯事をやってくれる人も居る。感謝の言葉は忘れないが体は動かさない。だが夢の様な暮らしも崩れる時は一瞬だろう。健康維持のためには適度なストレスも必要だ。私にとって健康増進薬になるカラオケも、聞いた人には副作用を与えるのだろうか? 

参考:現在の検索結果 オンチのカラオケ 音痴のカラオケ

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!

posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2018年04月28日

長生きだけは人並み以上

2018年4月28日 長生きだけは人並み以上
馬力もないし動きも鈍い。こんな身体に愛想をつかしていた。にも拘らず、結果的に身体にいいことをして望外の長生きをしている。その代り自分が本当にやりたいと思っていたことは、何一つ出来ていない。文字通り馬齢を重ねているのだ。

大きなことはもちろん、皆が出来る小さなことも出来ていない。それはパソコンの習得であり、もう一つは人並みに歌えるようになることである。両方とも本来の目的は達成できなかった。しかし、その副産物は極めて大きかった。無意識で健康の為に凄くよいことをやっていたのだ。

オンチなのにカラオケをやっている。ところが健康の為にとても良いことだと言ってくれる人がいた。半信半疑の私はネットで調べてみたら、その効用があらゆる分野に及ぶのでビックリした。

ダイエット、ストレス軽減、消化機能、腰痛、精神の安定、脳の活性化、認知症の防止、高血圧の改善、さらに小顔効果まであると言うのだから驚きだ。歌う時に表情筋といわれる筋肉が働くので小顔体操になると言うのだ。にわかには信じがたいが、しっかりと口を開けて歌うと効果的だそうだ。

ところでパソコンの習得だが、始めたの1980年だった。値段は当時の月給の二倍以上した。あれから38年、今ではパソコンのことはサッパリ分からない。その代り健康の為に大きな役割を果たしてくれた。実はアルコール依存症寸前だった。飲んで飲んで脳天まで酔いが回ると凄く気持ちがいい。分かっちゃいるけど止められないのが酒だ。

一人では止められないので藻岩断酒会に入ろうと思っている時に転勤の話があった。転勤先は研修機関だったので当時では珍しいパソコンが、机の上にデンと乗っていた。それが切っ掛けとなりパソコンを買って毎晩自習するようになった。夜はパソコンに集中したお蔭で酒から離れることが出来たのである。

昔はパソコンに命を救われた。今はカラオケで余命を延ばしている。パソコンも歌も苦手のままだが、しっかりと役に立っている。身体の為に良い結果をもたらしてくれたのだ。お陰様でもうじき78歳、周囲の皆さまに感謝をしながら余生を送っている。人生の第四楽章は幸運に恵まれた。今のところはね(笑)。
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち

2018年04月21日

オンチで好かった

2018年4月21日 オンチで好かった
負け惜しみでなくオンチで好かったと思っている。小さな悩みが大きな悩みの侵入を防いでくれるのだ。いつ病気になって倒れて死んでも不思議でない歳になった。それでも何も考えずに呑気に暮らしているのはオンチのお蔭、まさに音痴様様だ。

天才棋士は5歳から将棋をを始めて15歳で六段になった。65歳でカラオケを始めた私は13年たってもオンチのままだ。その代り大発見をした。それは耳は口ほどオンチではないと言うこと。歌っている最中に何かおかしいと耳で感じることがあるのだ。

ところで歌える人は音程・リズムを操る脳を持っている。伴奏が入れば、それに乗るだけの楽ちん自動運転なのだ。そんな脳を持たない私はマニュアル運転を余儀なくされている。上がるのか下がるのか、スピードはいいのか、常に考えながら歌わなければならない。楽じゃないけど大したもんだ。

リズムについては歌詞につく色の変化である程度補ってくれる。問題は音程だが、ある日偶然、音程も横線で表示されることを知った。音程がズレると上下に表示してくれるのだ。まだ活用方法は分からないが、ツールを見つけだけでも幸いだ。これが第二の大発見。即ち、目は耳ほどオンチではない。ひょっとして、目で歌えるようになるかも知れない。

ここを直せと言われても、音痴はすぐに直せない。しかし先生がコンピュータなら話は別だ。イライラしないし怒らない。人様の要求にトコトン付き合ってくれる。藤井六段は将棋ソフトを使っていたらしい。私もカラオケソフトを使ってオンチ脱出を図りたい。長い付き合いだから片耳くらいは音痴のまま残して置くけどね。

口が歌えないと言って耳に頼る。両方ともダメだと言って目に頼る、挙句の果てにコンピュータ先生。こんなことを考えて何になるかと言えば、暇つぶしになる。暇は潰れていなければならない。空けておくと病気の心配とか、金の悩みとかが次々と入り込む。歌って暮らせば悩みはオンチぐらいしかなくなる。少の虫が大の虫を追い出してくれるのだ。ああオンチで好かった。

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!

posted by 中波三郎 at 21:13| Comment(0) | 音痴の気持ち

2018年04月07日

諦めない人

2018年4月7日 諦めない人
私のオンチ歴は長い、それは小学校から始まった。学級別合唱の時に先生は口だけを開けて声は出さないでと言った。それでも中学生になると楽器を弾きたくなり木琴を買った。初めて叩いたのが西部劇真昼の決闘の主題歌「ハイヌーン」。何故か直ぐに飽きた。曲が木琴に合わなかったと思う。

ハモニカ、ウクレレ、オカリノ、ギターといろいろ手を付けたが、いずれも弾けるようにはならなかった。ピアノなら叩けば音が出ると思い17歳のとき1年ぐらい習った。バイエル82番で止めたが諦めてはいなかった。ピアノさえ持っていればと思ったのだ。

30歳近くなって河合電子オルガンを買って1年ぐらい習った。だが著しく進歩が遅いので、エレクトロニクスの進歩に期待をかけてヤマハエレクトーン、ヤマハコンボオルガン、カシオキーボードと次々と買い替えたが徒労に終わった。

結局マシンではなく原因は自分にあることが分かった。オンチだから何をやっても身に付かないのだ。それでも諦めないでボンゴとコンガを買った。居間に置いて眺めて楽しみ、腹が立った時は叩いて鬱憤を晴らした。しかしマダマダ甘かった。

本当にオンチと自覚したのは最近のことだ。諦める代わりにオンチのことを知ろうと思った。ネットで少し調べたら「大脳の先天的音楽機能不全」と書いてある。謎が解けてホッとした。音楽機能不全、即ち大脳に障害を持ちながらカラオケクラブで健常者と同じステージに立っている。申し訳ないけれど誇らしく思った。

自分の立ち位置が分かると目標ができた。それは普通に歌えるようになることである。音楽機能不全者としては大きな目標だ。2年後は東京オリンピックが開催される。そのころ私は2年計画を達成し普通に歌っているはずだ。歌って踊ってデュエットしているかも知れない。

原因が大脳に起因するオンチと分かれば対応法はいろいろある。直ぐに五つぐらいが頭に浮かんだ。全てを試してダメなときはカラオケを諦めようと思う。一つ2年としても10年はかかる。
カラオケは十年間のヒマつぶし私の自慢それは長生き

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
posted by 中波三郎 at 21:07| Comment(0) | 音痴の気持ち