2019年04月27日

夢のままがいい

カラオケ会で一番弱いのは音痴だから、虐げ・弾圧・迫害されるとか言って脅かす人がいる。それを信じた私は、本当は不真面目なのにマジメを盾にして身を守ることにした。真面目な社員、真面目な奥さん、真面目な子供、弱い立場の人たちは皆やっている。マジメは強者から弱者を守る最強の楯である。

「オンチー、引っ込め〜」と、まだ一度も言われていないから大成功! これに奢ることなく真面目に歌い続けたいと思っている。実際には迫害等の経験は全くない。正確には一度だけあるが37年前のこと。とっくの昔に、時の壁の向こう側になっている。記憶としては残るが心のダメージは完全に消えている。

一緒に歌うのは友好的で優しいシニアの仲間だから、常に人の気持ちを考えてくれる。楽しめば良い、健康に良いとか言って励ましてくれる。こんな快適な状況が10年も続けば、何となく音痴と思う程度で気にもしない。甘やかされると年甲斐もなく、自分のことが分からなくなってくるのだ。

3年半前に洋楽カラオケを始めた時に、初めて普通ではないと気がついた。何となくではなく、極めて重症であることが分かった。普通はここで諦めるのだが、逆にやる気がモリモリ湧いてきた。

一生懸命練習して今よりもマシになりたいと思っている。一方、重症だから止めた方が良いかなと思うこともある。何かを止めれば何かが見つかるからだ。止めれば他も見えて来る。何も出来ないから、何の初心者にもなれるのである。← 威張ってゴメン!

ところで、カラオケマシンへの入力は曲の伴奏と私の声、出力はその二つが合成されたもの。ならばマシンの中で加工も出来る。私の歌を正常な音程に直すことが可能だ。人に心地よい声に直すこともできるだろう。もしそうなったら興味が薄れると思う。

若い時はアメリカに行きたかったが、月給が1万5千円なのに、旅行代金は最低30万円もした。40歳過ぎてアメリカに研修に行け、と言われた時は興味を失っていた。大好きなアメリカは昔の歌や古い映画の中にしかない。夢は夢のままがいい。
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴とは

2018年05月19日

オンチいろいろ

2018年5月19日 オンチいろいろ
長い間、何となくオンチと思っていたたが、2年ぐらい前から絶望的な耳オンチではないかと疑い始めた。オンチには喉オンチと耳オンチがあるそうだ。耳オンチは生まれつき音が分からない。そして喉オンチは音は分かるけれど、その音を出せないと言う。

オンチに関してはいろいろあるので別の説明を読んでみた。音楽用語で音痴とは「大脳の先天的音楽機能不全」のことを指すそうだ。機能不全とは物事の本来の働きが不完全になることと書いてある。程度はいろいろと思うが私は重い方だと思う。

又、オンチには運動性と感受性の2種類があると言う。運動性の場合は正しい音程を聞き取れているのに、発声する際に音程がずれる。この場合は矯正が容易である。感受性オンチは音程がずれていると判断できないので矯正は難しい。しかし正しい音階を何度も聞くことにより改善できるようだ。なるほどそうかと思ったが、私には喉とか耳の方がピンと来る。

少しだけ勉強した結果、自分は矯正の余地のある喉オンチのような気がしてきた。とは言え重症で身体機能が徹底的に衰えている後期高齢者である。何とかして普通に歌える様になりたいが、果たして余命で足りるだろうか。なんとも心もとない。

10歳の頃はカラフルな車で颯爽と走るアメリカ人に憧れたが、20年後には車を買った。夢が実現するスピードが凄く速かった。65歳でカラオケを始めて13年もたつのに、目に見える進歩もなく時間だけが過ぎて行く。にも拘わらず幸せに思っている。何事にも束縛されず自由だからだ。夢なら覚めないで欲しい。

話は変わるが"オンチのカラオケ"で検索すると好いことが書いてあった。「オクターブを下げて歌うと自分の中で響きやすいので如実に効果が出る」そうだ。上手く歌えるということかな?

自分の中で響くとは自分の声を聞きながら歌えることだと思う。それは有り難いことだ。さっそく試したいとは思ったがオクターブとはどのくらいかな? 頭では分かるが耳ではなかなか感じが掴めない。まぁいいか、なるようになるだろう。 

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴とは

2018年04月14日

オンチカラオケ大会

2018年4月14日 オンチカラオケ大会
パラリンピックがあるようにパラノド自慢もあっていいように思う。つまり「もう一つの」オリンピックがあるように、「もう一つの」ノド自慢があってもいいと考えるのだ。もともとParalympic はparaplegia(下半身麻痺者)とOlympicsとからの造語だが、今ではparallelと改められ「もう一つのオリンピック」になった。

パラリンピックは福祉からスポーツへと進化した。一方、私はオンチという障害を持ちながらカラオケを楽しんでいる。皆様の暖かい気持ちに支えられて楽しませてもらっているのだ。とても有り難いが、これは福祉に違いない。

自分は先天的音楽機能不全だと思っている。10年以上もカラオケをやって下手なままなのだから病気としか考えられない。それでも続けているのもビョーキだけどね(笑)。

もしパラリンピックの様に福祉から競技へと高めるとするとパラノド自慢になる。これのクラス分けはとても難しい。オンチは大きく分けて運動性(仮オンチ)と感受性(真オンチ)がある。

運動性オンチの人は正常な音感があるのだから訓練すれば直ぐに歌えるようになる。例えて言うとスポーツをしない健常者のようなものである。( )内は私の造語だが確かな音感の有無の差は大きく、この二つを同一視するのは間違いだと思う。

感受性オンチ(真オンチ)の場合は音程がずれていると判断できないので矯正は難しい。しかし正しい音階を何度も聞くことにより改善できるそうだ。とは言え改善の程度は人それぞれだ。クラスを三つくらいに分ける必要がある。松竹梅とか適当にね。

いろいろ考えたが、やはりパラノド自慢は難しい。沢山のオンチが集まって歌っている姿を想像してみたが異様な感じがして楽しめそうもない。念のため"オンチカラオケ大会"で検索してユーチューブ聴いてみたらどこがオンチかさっぱり分からなかった。

それぞれがオンチと自称して大会に出ているのだから、聴く人が聴けば直ぐに分かると思う。それとも近頃話題の虚偽情報か。アクセスを取るためにカラオケ大会にオンチを冠したのだろうか。と疑う私はヤッパリ真オンチとしか言いようがない。

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
posted by 中波三郎 at 18:48| Comment(0) | 音痴とは