2019年05月25日

夢は夢のままがいい

3年半前から音痴改善を目指してきた。先ず「音痴とは何か」を調べたら、先天的機能障害だから直らないことが分かった。仕方がないので音痴を隠す方法のアレコレを考えた。普通は諦めるが、私は直らないならどうするかを考える。

ところで、片隅が大好きで競争が大嫌いだ。やれば必ず負けるからね。片隅には競争相手が居ないからいい。競争ならビリだが、片隅には0.1%にしろ可能性が残されている。一生懸命やった後は運を天に任せればよい。世の中や周囲の状況が変われば、小さな成功を得られるかも知れない。

背の低い老人は高くすることは出来ないが、曲がった腰を真っすぐにして、高く見せることは出来る。背の高低と同じように音痴は先天的だが、そうでないように見せかけることは可能だ。と言っても知っている人には通用しない。

だが来年は80歳になるから近いうちに周囲の状況も変わるだろう。サ高住、デイサービス、老人ホームとかも身近なものになって来た。時々テレビなどで見るがマージャンとかカラオケが盛んなようだ。

マージャンは忙しそうで楽しめそうもないが、カラオケとか音楽を聴くのは大丈夫かも知れない。それに加齢とともに身体機能が少しずつ壊れて行く。その中で壊れにくいのが口と耳だと思う。

3年前はのど自慢に出ようとか、文化祭のステージに立とうとかデカイことを考えていた。しかし、一生懸命やったら、自分の立ち位置が見えて来た。逆立ちしても不可能だ。そんな考えはアッサリと捨てた。古い夢を捨てれば新しい夢が見えて来る。

私の新しい夢は、「音痴のカラオケ」でブログ・デビュー。難しいけれど音痴を直すことと比べれば簡単だ。そんな夢を抱き始めている。何も考えないことが肝心だ。分かってしまえば、それでお仕舞いとなる。夢は夢のままがいい。知らぬが仏。

posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | カラオケを楽しむ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: