2019年02月23日

ストレスあって嬉しい

「好きこそ物の上手なれ」と言われているが、「下手の横好き」もある。カラオケ会の人はみんな凄く上手い。私はその中で唯一の音痴。考えようによってはこれは凄いことだ。ゾウの群の中に小さなネズミが一匹、紛れ込んだようなものだ。いつ踏み潰されても不思議でない状況の中で、生き続けているのである。

もう3年過ぎたがまだ大丈夫。それは何故か、ネズミの私には分からない。多分ゾウたちがネズミをを踏みつけないように気を付けているからだろう。音痴とか本当のことを言われれば、一回目はショック、2回目てショボクレて、3回目でノックアウトだ。

偶然にも優しい人達に囲まれているが、厳しくて正直な人が入ってきたらどうだろう。一人だけでも緊張するし、二人なら萎縮する。三人居たらもうお仕舞だ。もし仕事なら辞められないから地獄だね。テーマからは外れたが自由の身で本当に好かった。

例会は1ヵ月に一回だが、前の自分よりは進化したい。欲を言えば人にも分かるくらいにね。これは極めて困難なことは分かっている。下手な歌を身を入れて聴く人は居ないから、前との比較は不可能だ。しかし例外はある。人に好かれていれば話は別だ。私にとっては更に高いハードルだけど心しておきたい。

何故ならば、どんなに難しい課題でも音痴を直すことに比べれば簡単だ。とは言え、人に好かれるのも凄く難しい。特に私の場合はね。好かれるための努力は殆ど報われない。仕方がないから一生懸命嫌われないように心がけている。これはある程度の効果はある。だけど胸がドキドキときめいたりはしない。

子供の頃は毎日が苦しく、夢は楽をすることだった。その後は右肩上がりの人生で、夢は現実となった。唯一の希望はこの状態が少しでも長く続くことである。健康維持のためには適度のストレスが必要だから、わざわざ苦手なカラオケをやって悩んでいる。生存のためにはストレスは必須だからね。ストレスならこっちにもあるよとか誘われても行かない。楽しくなくちゃぁダメ!

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
タグ:SSN
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: