2018年12月29日

何かと手こずる「16トン」


小学6年の思い出は知恵遅れの同級生K君のこと。彼は授業中に教室内を自由に歩き回っていたが、先生も注意もしないし生徒も気にしていなかった。ところで、私もK君と同じように、教室ならぬカラオケ会で自由に歌って楽しんでいる。

ある日、K君は授業中にストーブをいじって顔面に大火傷した。そして学校に来なくなった。彼は皆に好かれていたが、それだけではダメだ。なぜ思い出したかと言うと「16トン」を歌って、またもや失敗してしまったからだ。普通学級に居たK君みたいな私だ。これでいいのだろうか?

私なりの成功・失敗の尺度はある。「成功」と言っても大したことではない。普通の人が無意識でやっていることだ。つまり、カラオケ画面の字幕の色の変化に合わせて歌える様になることである。洋カラ始めて3年たって何とか出来るようになった。そう思って歌ってみたら、久しぶりにズレてしまってガッカリした。

原因は一杯の焼酎、酒の勢いで「16トン」と決め、歌う番が回ってきたころには酔いも回っていた。足がもつれたように口が回らなかったが、教訓を得た。酔えば口は遅くなる。そんなことを考えていたら、半年前の小樽・札幌合同カラオケ例会でも歌いそこねたことを思い出した。何かと相性の悪い16トンだが、失敗したから僅かながら成功の種を蒔けたと思う。

話は戻るが、歌い出しは手拍子とってくれる方もいて気分が良かった。やがて手拍子が止まり、緑色の字幕の変化が先に行ってしまった。つまり遅れだしたのだ。追いつく前にカラオケマシンが機嫌を損ねて止まってしまった。これはジョークでなく事実であることを念のために申し添える。威張ることじゃあないけどね。

温かい配慮により、もう一回歌う機会を与えられた。今度こそ失敗しないぞと思って歌ったが、やはりズレてしまった。酒は弱いけれど好きだ。目の前に酒を置いて順番が来るまで我慢するのは拷問みたいなものだ。こんな場合に限るけれど、酒を取るか歌を取るかと言えば酒をとる。次は音程かなとか、更に難しいことに取り組もうとしている矢先に、まったく困った酒だ。

音程より、更に難しいのが発音なのに、愚かな私はワザワザ英語で歌いたがる。完全な日本語脳の持ち主なので発音は手に負えない程むずかしい。音程以上の難問である。纏めると洋カラは出来ないことの塊だ。不可能への挑戦と言いたいのはやまやまだが、私にとっては途方もない時間つぶしである。負け惜しみじゃないけれど健康には良いんだよ。お陰様で悩み無し!

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
タグ:SSN
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | あの歌この歌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: