2018年12月15日

びくびくして歌うな

カラスはカーカー、スズメはチュンチュン鳴いている。ヒトだって歌いたいだろう。カラスもスズメも大勢でカーカー、チュンチュンやっている。ヒトだって他のヒトと一緒に歌いたい。それなのに何故か、カラオケが嫌いな人がアチコチにいる。

いろいろ考えたが理由は、歌うたびに嫌な思いをするからだろうか。ワザワザ嫌な思いをすることはないと思う。私は元カラオケ嫌いだったが、偶然に導かれて65歳からカラオケを始めた。仲間の温かい配慮により好きにさせてもらった。

と言っても、調子っぱずれでガンガン歌われても困るだろう。仲良し会のようなものでも、優しいばかりではやっていけない。この辺りの加減は難しい。音痴のマナーの第一は、仲間の歌をよく聴くことと思う。他にも沢山あるけれど、簡単に言えば嫌われない音痴になることである。これが私の第一目標、その後のことはゆっくり考える。1年365日全部自分の時間だからね。

ところで、採点モードは音痴にとっては辛いツールらしい。カラオケの会にはいろいろ行っているけれど、幸い採点モードにするところはない。いつも消費カロリーが表示されている。上手な人の方がカロリー消費が多いようだ。私のカロリー消費は何故か少ない。びくびく歌っているからだろうか?

私自身はびくびくしているという感じがしない。ところが伴奏に合わせられない、どうしたらいいかと焦りながら歌うことはよくある。傍から見れはびくびくしているように思うかもしれない。テレビドラマでそんなシーンを見たことがある。その後彼女は恋人の特訓を受けメキメキ上達し、最終的には歌手になる。羨ましいねぇ。

初めて洋カラの会で16トンを歌ったときは大失敗。私の癖のせいでそうなったのだ。いったん始めたことは、状況が変化しても最後までやると言う悪い癖である。歌っている時は常に一生懸命で、恥ずかしいとか思う余裕がない。伴奏にメチャクチャ合わないのに最後まで歌った。又やってしもうた。m(_ _)mスマン

「音の高さって、人間の感情とリンクしてる」と聞いてなるほどと思った。「歌を楽しんで歌うことに、デメリットは一個もありません。歌は自分の心と密接につながっていることを理解してください」。これらのことは肝に銘じたいと思う。心に太陽を、唇に歌を持てとか聞いたことがある。同じ阿保なら歌わにゃソンソンというのもあったかな?

以上5個の記事は、いちまろさんの唱える「音痴がカラオケを克服できる5つの法則!」を参考にして書きました。ありがとうございました。

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!



posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴のネット勉強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: