2018年12月01日

一人で歌うな

 前回のブログに「恋人よ我に帰れ」の恋人をラバーと書いたが、ラヴァーではないかなと気になって来た。それでメモ用紙にラヴァーと書いて連れ合いに読んでもらうとラバーと言った。カタカナは日本語だから、見た日本人がどう読むかも重要と思う。我が家では半々だが日本人全体ではどうだろうか。

確かにラヴァーと読む人が増えているが半数には達してないと思う。それで迷いながらVもB表記にした。音楽のことなど書く予定がなかったが、たとえ「音痴のカラオケ」でも音楽の記事だ。そのため曲のタイトルを書くことは避けて通れない。音楽について書いたことのない私にとっては、初めて直面した事態だ。

「音痴な奴の、カラオケ5つの禁止事項」の第二は「一人で歌うな」である。皆の力を借りろと言う意味だと思う。それで「漕げよマイケル」を歌うことにした。これなら皆が知っているし、繰り返しが多いから一緒に歌ってもらえそうだ。そこまでは好かったが、歌い始めると伴奏からどんどんズレて来て焦るばかりだ。

そのうち合うだろうと言う空しい期待は外れた。それでもカラオケマシンは何事も無かったかのように伴奏を続ける。まったく困ったものだ。大きく外れたので誰も一緒に歌ってくれなかった。ともかく先が楽しみだ。失敗は成功の母と言うからね。

もう一つ大切なことは音痴であることを皆に知ってもらうこと。歌う前に一言ことわり、一緒に歌ってもらうように頼むのもよいそうだ。そういうことは苦手なので、皆さん宛にメールを書いた。

いきなり歌うと何でこんな人が、ここで歌うのかと違和感を持たれると思ったからだ。音痴なのに何故カラオケ会に参加したいのか理解してもらう必要性を感じたのである。恥ずかしいけど隠し通せるものではないからね。

例えて言うと、私は普通学級に入っている耳と喉が不自由で歌が大好きなカメ。ドジでノロマのカメ。そして、何も知らずにガンガン頑張っている幸せになカメ。自分で言うのも気が引けるけど、私は自分が大好きで嫌いになれない人。出来れば人にも好かれたいが、それは最終目標。まだ早い。

今回のテーマは二つあった。一緒に歌ってもらうことと、音痴であることを知らせることである。みんな一緒に歌ってもらうことには失敗したが、音痴だけど歌いたいと言う気持ちは分かってもらえたような気がする。何でそこまでしてと思うかもしれない。

実はスポーツ・ゲーム・歌・楽器の全てが苦手なのだ。短いのは三日、長いのは3年、やってみて出来ないことを確認してから止めたのだ。何も出来ない私は、苦手なことでも趣味にしなければならない。他に方法が無いのだから悩みも迷いもない。何も考えずに歌うことを楽しんでいる。無趣味と言う選択肢もあるけれど、今は横に置いておくことにする。最後の手段だからね。

参考:現在の検索結果 音痴のカラオケ

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴のネット勉強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: