2018年08月04日

オンチ記念日

私は幸せ者だ。自分を縛る全てのことから解放されてノンビリと暮らしている。ところが大変なことを知ってしまった。それは人間が生きるためには適度のストレスが必要と言うことだ。でも大丈夫、カラオケは心臓がドキドキする程の緊張感を与えてくれる。

「私オンチです」と言うと次のような言葉が返ってくる「そうでもないよ」「楽しければいいじゃない」。そして歌の上手い人までが「私もオンチ」と言ったりする。何が何だかサッパリ分からない。

それでオンチのことを詳しく知りたくなった。手掛かりの一助として「オンチのカラオケ」を開設したが、全国のオンチよ団結せよとか訴えるつもりは毛頭ない。大勢のオンチに取り巻かれたら大変だ。考えただけで身の毛がよだつ。

オンチのことを真剣に考えるようになったのは、およそ3年前からだ。始めて英語で歌ったら、なかなか上手く行かない。こんな筈はない何でこうなるんだと戸惑った。そして私こそ真のオンチだと気が付いた。つまりパンドラの箱は開けられたのである。

その歌はダメねと君が言ったから洋カラ初日はオンチ記念日
大好きな「サラダ記念日」を真似て記念日を制定した(笑)。

パンドラの箱からは不安、悩み、羞恥、後悔が溢れ出て残ったのは希望だけだった。新しい自分を発見して俄かに希望が湧いて来た。先天的音楽機能不全か、つまり生まれつきと言うことだ。ならば親から引き継いだ負の遺産は私の代でゼロにしてやろう。冥土への土産のつもりだ。

ブログでジョークを書いて、カラオケで歌って、好きなドラマを観て楽しんでいる。煩わしい日常茶飯事をやってくれる人も居る。感謝の言葉は忘れないが体は動かさない。だが夢の様な暮らしも崩れる時は一瞬だろう。健康維持のためには適度なストレスも必要だ。私にとって健康増進薬になるカラオケも、聞いた人には副作用を与えるのだろうか? 

参考:現在の検索結果 オンチのカラオケ 音痴のカラオケ

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!

posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴の気持ち
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: