2018年07月28日

さらば「オンチのカラオケ」

英語は好きだけれど好きとは言えない。小説は読めないし手紙も書けない、話せないし映画を観ても聞き取れる英語は10%ぐらいだ。だけどブログに書くのはいいと思う。好きなものを好きと言えないのは身体に悪いからから書いている。

人間としての性能が劣っているからスポーツをやってもゲームをやっても勝負にならない。負負負フフフ〜という感じかな。だから勝ち負けがなくても楽しめるものがいい。歌ったり書いたりね。

そこでこの二つが私の趣味となる。いずれも一人でコツコツできることだが、書いたら人様に読んで欲しいし、歌うときも人前で歌いたい。控えめで目立たない人として生きて来たつもりだが、いつの間にかこんな人間になっていた。なぜだろう?

書いたものはホームページやブログで公開している。拙いサイトでも世界中に発信される。ネットの世界は巨大なゴミ処理場に似ている。多くの人が巨大なゴミの山から金目の品を拾うような作業を繰り返している。場所はグーグル、道具はキーワード、これで掘り起こせば何でも出てくると愚かな私は信じている。

「オンチのカラオケ」は7月24日現在、グーグル検索で約9万4千件のトップにある。一方「音痴のカラオケ」は約531万件の8番につけている。山に例えて言うと、音痴山の標高がエベレストと同じ8848mとするとオンチ山は札幌市中央区の荒井山より低い158mしかない。

そして検索する殆どの人はトップに注目する。3ページ以降を見る人は稀だから検索情報の殆どはゴミ山の中に埋まっている。10万件足らずの「オンチのカラオケ」でトップに表示されても意味がない。500万件台の「音痴のカラオケ」ならアクセス増も少しは期待できる、と言うことで次なる目標は音痴山の頂上とした。

先ずタイトルを変更する必要がある。「オンチ」ではなく「音痴」の二文字を入れることが肝心である。「輝く音痴」「哀愁の音痴」「黄昏の音痴」「怒りの音痴」「嵐を呼ぶ音痴」「音痴の旅人」「音痴恋し」、いずれも何処かで聞いたようなタイトル……、これでは駄目だ。何とかしなければと考えるのも私の趣味の一つである。

参考:7月25日検索結果 オンチのカラオケ 音痴のカラオケ

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 「音痴のカラオケ」のPR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: