2018年07月21日

オンチのカラオケ

愚かな人のことを書くのが大好きだ。しかし、よく知っていて自由に書ける阿呆垂れと言えば自分しかいない。変な人と思われているのではないかと心配しながら書いている。ところでオンチは5百万人くらいいるらしい。これについては統計が見つからなかったので第六感で推定した。m(-_-)m スマヌ

グーグルで「オンチのカラオケ」を検索すると、「オンチでも上手く歌える カラオケソング厳選10曲」が見つかった。クリックしてみたら知っている曲は「上を向いて歩こう」しかない。涙がこぼれないように上を向いて歩いたら危険だ。何かに躓いて怪我をするかも知れない。最悪の場合は交通事故とか、いろいろ考えさせられる複雑な歌だ。やはり恋とか愛の方が簡単でいい。

ブログのキャッチコピーはオンチにお勧め「低音ソング」10曲セレクト! 付き合いで歌わなければならない人は、こういう曲をマスターする必要もあると思う。幸い私は自由の身、オンチ丸出しで好きな曲を歌える。ただし、やり過ぎれば嫌われる。何事も程度の問題だ。自分の好きか、人様への迷惑か、どちらを優先させるか何時も心の中で闘っている。

4月から「オンチのカラオケ」を書き始めてから4ヵ月近くになる。今までは「先天的音楽機能不全」ということで納得していたが、「環境説」にぶち当たってしまった。生まれつきではなく、育った環境に影響された後天的な原因によるものという説だ。それなら私のオンチも直るかも知れないと思い心が躍る。

と言うことで頑張ってみようかと思っていたら、新たな壁に阻まれた。それは英語教育における「9歳の壁」である。英語の音をとらえる力も、曲の音をとらえる力も同じと思う。それは9歳ごろから失われていくと言う。あれから69年、力はどのくらい残っているだろうか。まさかゼロじゃないだろうね。否マイナスかな?

「自分が楽しかったらいいんだよ」という意味が、いかに深いか4ヵ月間の勉強でやっと分かった。だからと言って「オンチのカラオケ」の更新は止めるわけではない。全ての物事は奥が深い、このテーマの万分の一も分かっていない。アプローチの方法もいろいろある筈だ。歩くときは左右を気にしつつ前に向かって歩くことにしている。一歩一歩確実にね。

「オンチのカラオケ」情報 → グーグル検索結果 

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!


posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 「音痴のカラオケ」のPR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: