2018年07月14日

貴重な二人会

こんな時が来るとは夢にも思わなかった。実は先輩と二人でカラオケに行ったのだ。さっそく注意された。「ダイナマイトが150トン」と「女を忘れろ」は人前で歌うなと言うのだ。追い打ちをかけるように「アンタには似合わないんだよ」と言った。

そうかも知れない。だけど胴長短足でハゲの私に似合う曲などあるのだろうか。外見は地味だが腹の中は派手な思いでいっぱいだ。昔の若者のまま化石化した私を心配しているのだろうか。不満は残るが皆も同じ気持ちかも知れない。だから大好きな二曲は歌うことを諦めた。先輩とのカラオケ会は、たまにしか開かれないが無視できない存在である。

先輩は、ゴルフ、スキー、テニス、パチンコ、マージャン、何でもござれの達人だ。仕事は出来るし英語もペラペラ。一方私は何も出来なくて仕事も苦手な人である。それなのに退職後にも付き合いがあるのは、二つの共通点があったからだ。

それはコンピュータが好きで、カラオケが嫌いということだった。およそ40年前のことだが職場の懇親会後に皆でカラオケバーに行くことになった。カラオケ嫌いの先輩は別行動をとることになり、私を誘ってくれた。そこはスピークロウと言う名のジャズを中心にライブを行っていた店と記憶している。ピアノとジャズボーカルが楽しめる落ち着いた雰囲気の店だった。

気が付いてみれば40年前のカラオケ嫌いが、何故か二人でカラオケをしている。実は私が誘ったのだ。もっと言えば自分の土俵に入れるつもりでね。ところが先輩は歌もすごく上手かった。二人しかいないので私が歌うときも静かに聞かなければならない。考えてみれば惨いことをしたものだ。下手な歌を聞くのは辛いかも知れない。まだ三回だけだが止めた方がいいかな。

先輩は何でも出来る人だから歌も上手い。しかし、やりたいことが多すぎてカラオケまでは手が回らなかったようだ。一方私は何も出来ない人、カラオケだって出来ないものの一つに過ぎない。一人でこっそり楽しめばいいものを、何故か人前で歌いたくなる。困ったものだ。

「オンチのカラオケ」情報 → グーグル検索結果 

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!


posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | オンチな暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: