2018年07月07日

気楽で楽しい四人会

洋楽カラオケは私にとってレベルが高すぎて緊張する。それなのに何故行くかと言うと、私なりに上手くなりたいからだ。他のカラオケ会にも参加しているが高齢の初心者同士の会である。残念ながら10年たっても何の進歩もない。お互いにね(笑)。

うまい具合に二人、三人、四人のグループに参加している。便宜上、ここでは二人会、三人会(片隅の三人カラオケ)、四人会と呼ぶことにする。今回は四人カラオケ会について書きたいと思う。この会だけは女性が一人居る。他は全て老いたる男ばかりだ。

四人会の世話役はB子さん、連絡調整・会計等すべてやってくれる。ある日突然、どうしたわけかドライブに誘われた。そして「気があるなんて思わないでね」と真顔で念を押された。80歳になるのに気が若い。Bさんは世界中を旅行しているが私は札幌界隈だけだ。この格差が話を面白くしてくれる。もっぱら聞き役だが。

BさんはA学院大学在学中の二十歳で運転免許を取り外車を買ってもらったそうだ。年齢から逆算すると1957年の話である。「ブルーバード誕生」以前だから驚きだ。初の女性ドライバー誕生との見出しで新聞にも載ったそうだ。その頃私は17歳、金を貯めて、やっと中古の自転車を買ったのは、その3年後だった。

四人会は月1回、一度も休まず10年以上続いている。これはBさんのお陰、彼女が居なくなれば自然消滅する運命だ。三人のぐうたら爺さんが、しっかり者のBさんに頼り切っている構図だ。

毎回ジョッキ1杯のビールが付き、年に4回の誕生会にはケーキとワインが付く、これはBさんの手配によるオマケだ。子供じゃあないからお礼もしなければとは思うが、10年間のサービスは現金に換算すると10万円にも及ぶ。相応のプレゼントとは思うが、気があるとか心配させるのも気の毒だから止めておこう。

四人会は一人が歌い、三人がおしゃべりするスタイルだ。それぞれが下手と自覚しているので、「おじょうず」と言われても困る。下手とも言われたくない。ここを直したらもっと良くなると言われても直せない。こんな四人がカラオケを楽しんでいる。

オンチだってカラオケを楽しめばよいと、口で言うのは簡単だが実行となると難しい。上手な人と一緒にやるのは気疲れするし、オンチばかりのカラオケ会もやるせない。両方参加すれば程よいバランスがとれるような気がする。一方が自由に楽しむ機会になり、もう一方が不自由ながら勉強の機会になるからだ。川の流れの様に時には急激に、時には緩やかに流れて行きたい。

グーグル検索で「オンチのカラオケ」 結果はここをクリック! 

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | オンチな暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: