2020年01月18日

音痴のまま楽しもう!

先ず、短いエピソードを紹介する。ある日、P子はピアノとICレコーダーを買ってきた。そして、部屋を閉め切ってピアノに耳を押し付けて、ドレミファソラシドとか歌っている。何か録音しているようだ。真剣な面持ちだ。思い切って聞くと、音痴を直しているのだと言った。私は困ったことになったと思った。認知症!?

話は変わるが、音痴の克服法を勉強して1年と9ヶ月たった。やっぱり音痴を直すのは無理のようだ。復習すると、音痴には運動性(のど音痴)と感受性(耳音痴)の二種類がある。簡単にいうと、のど音痴は音感はあるので簡単に直るのに対し、耳音痴は先天的だから矯正は極めて困難。そして私は耳音痴なのだ。

のど音痴を直す方法はごまんとある。そして直した人もごまんといる。問題は耳音痴の場合である。苦節1年と9ヶ月、私はついに耳音痴克服法を発見した。これで全て解決と思ったが……。

頂上に登ったつもりが、そこは崖っぷちだった。克服法を見つけたものの実行は不可能! 今年80になる私が、落下傘で敵地に降りて戦う、空挺隊の猛訓練を受けるようなものだ。

耳音痴は音程が取れない。つまり、自分の歌う音を想像できないのだ。目をつぶって階段を上り下りするのと同じだから、階段を踏み外すように、音程を踏み外す。次の音が想像できないまま音を出すから音程を踏み外すのだそうだ。想像できないことを想像できるようにするのは、至難の業である。

自分の声を録音して聴くと違和感を覚える。人の声は気道音で耳に伝わり、自分の声は骨導音で聞こえる。易しく言うと、人の声は空気を介して伝わり、自分の声は骨から伝わってくるのかな。音痴の勉強もこの辺りから難しくなって来た。諦めようかな?

音痴を直すことは殆ど諦めた。冒頭のエピソードはP子と私と入れ替えて読めば、現実の私が見えてくる。凝り性の私もそこまでやりたいとは思わない。一日中、部屋にこもり、ピアノとICレコーダーの前で音比べをしている私を見たら、P子の我慢も限界を超えるだろう。長年の夢だったノンビリした静かな暮らしはお仕舞となる。それでは生きる楽しみがない。止めた止めた。

やはり「音痴のカラオケ そのまま楽しもう!」とのタイトルは、このブログにピッタリだ。考えてみれば音痴は楽しい、歌って楽しい、書いて愉しい。音楽のことは、その道の専門家か、音痴にしか書けないのである。威張ってヾ(^-^;) ゴメン
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴とは