2018年11月24日

バラードは歌うな

10歳くらいから英語ファンだったが、英語は全然できないし勉強する気もなかった。野球をしたことがない野球ファンに似ている。アメリカ人のペンフレンドもいて、クリスマスにプレゼントを送ってもらって凄く嬉しかった。1950年代には安い料金でペンパルを紹介してくれて、手紙の翻訳をしてくれる会があった。だから英語ファンは私だけではない。威張ることではないけどね。

10歳から洋画を観ていた。その影響でジャズが好きになった。タイトルもシーンも忘れたがゆったりとバックで流れていたラバーカムバックトゥミイのメロディーが忘れられない。後で考えると、あれがバラードと言うものかなと思った。まるで夢の世界だ。多分あれは戦前に作られた映像と思う。戦後になるとパティ・ペイジが歌う様なアップテンポが主流となった。音痴はバラードを歌ってはいけないそうだから、私にとっては好かったかも知れない。

75歳にもなって洋楽カラオケを始めた。何十年も聞いてきた曲だから練習したら歌えると思ったが大間違いだった。ブルーハワイのような、ゆったりした曲は歌い易いと思ったのだが、歌い始めたら何か違う、あれれ、変だ変だと思っているうちに終わってしまった。関係ないかも知れないがバラードと言えば思い出す。

ゆったりした曲を繰り返し歌っても良くなっているのか悪くなっているかサッパリ分からない。テンポの速い曲なら口が回らないのが回るようになることだけは分かる。リズムも歌詞の色が変わるから合っていないことがハッキリする。

問題は音の高低だ。「バラードは歌うな」と言うのは最もだ。ゆっくりで歌い易いと思ったが大間違いだった。カラオケを始めてから大間違いが多すぎる。私は歌うための脳が足りないノータリンである。音痴は親からもらった負の遺産、私の代で借金はゼロにするつもりだ。今は一生懸命精進して音痴を克服する覚悟だ。明日になれば話は別だけどね。明日は明日の風が吹く。

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 音痴のネット勉強

2018年11月16日

音痴と二人連れ

ユニークなブログを目指しているのでなるべく人が書かないことを書きたい。それでタイトルを「音痴のカラオケ」と決めた。念のため同種のブログはないかとネットを探すとあった。音痴がカラオケを克服できる5つの法則! - #いちまろ夫婦である。

78歳の私とは全く違う世代の方なのでホッとした。記事は簡潔明瞭で分かり易い。しかも説得力がある。三年間音痴で悩んできたが、全てが思い当たることばかりだ。さっそくこのブログに沿って勉強することにした。開設して半年間は思いつくまま書いてきたが、心棒の様なものが欲しくなってきたのだ。

何と言っても「音痴を克服するのではなく、歌を楽しめるようになってくださいね!」という最後の一言が気に入った。音痴は半世紀以上も私の体内に根を張っているのだから、別れられるはずがない。歌いたいのなら一緒に楽しむより他はない。音痴とは連れ合いの様なものだと思う。

それに私には音痴を直す時間が残されていない。すでに78歳だから、このまま歌を楽しむ方法を身に着けるのが一番だ。その第一歩として前述のブログに書いてあった「音痴な奴の、カラオケ5つの禁止事項」から学びたいと思っている。

その5つとは、
 1バラードは歌うな
 2一人で歌うな
 3音域が合わない曲を歌うな
 4採点をするな
 5びくびくして歌うな
である。

禁止事項を守りながら、一つ一つやってみて、その体験をここに書いてみたい。目的は嫌われない音痴になってカラオケを楽しむためである。さらなる目標は好かれる音痴! これはなかなか難しい。運が好ければなれるかも知れない。

だいたい週1回の更新、おおよそ土曜日に更新、
次回のテーマは「バラードは歌うな」。
posted by 中波三郎 at 09:41| Comment(0) | 音痴のネット勉強

2018年11月05日

開設はしたが

札幌市中島公園についてのウェブサイト「中島パフェ」を15年前に開設した。10年間は順調にアクセスも伸びて行ったが、この5年間は下り坂だ。予想通りの展開である。中島公園に関わるネット情報が充実した結果なので喜ばしいことと思う。

今は「音痴のカラオケ」を開設して様子を見ているところだ。今のところはグーグル検索で1ページに出ているから良しとしている。これはお店を開いたら「美味しいラーメン屋が開店しました」とチラシを配るのと同じ意味を持っている。

次の段階は少しでも多くの人に読んでもらうことだが、これはとても難しい。チラシを見て食べに行ったら不味かったとすると、このラーメン屋はダメだと言う逆宣伝になってしまうのだ。二度と来てもらえない。

誰にも読んでもらえなかったとしても自業自得、私の様な愚か者が管理するサイトとしては普通のことである。その代わり読んでくれる人が現れたりしたら凄く嬉しい。宝くじを買って当てたような気分になる。
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | 「音痴のカラオケ」のPR