2018年06月16日

片隅の三人カラオケ 

2015年4月頃 片隅の三人カラオケ 
知り合った時は若者だったが、お爺さんになったら3人でカラオケをしている。月日のたつのは早いものだ。もともとは昔話を楽しんでいたのだが、10年もすると話のタネも尽きてしまった。ランチの代わりのカラオケである。

そもそもこの三人は、カラオケとか遊ぶことには全く縁がなかった「片隅の仲間」だ。スポーツと遊びが盛んな職場では、三人とも真面目一方で目立たない存在だった。ひょっとして、面白くない人として目立っていたのかも知れない。

M君とN君は根っから真面目で、仕事も普通に出来る人。一方私は必要に迫られて真面目なフリをしていた。どんな職場でも不真面目で仕事の出来ない人間の居場所はない。仕事が苦手な私は、不本意ながら真面目にしていた。

M君は真面目以外を全く認めない人だった。偽物の私から見れば面白くない人だ。そのかわり面倒見が好くて信頼できる人。N君も同じようなタイプだが、たまに隠れて悪いこともする。他人の駐車場に無断で駐車するとかね。お金はなるべく使いたくない人なのだ。

M君はその真面目さが認められて20人の部下を持つ身に昇進した。あの真面目一方で遊び知らずの彼がカラオケをやり始めたと聞いて驚いた。管理職になったらカラオケくらい付き合えなければと真面目に考えて一生懸命練習したようだ。

と言うことで片隅の三人カラオケでも微妙な格差がある。1番M君、2番私、3番N君という序列ができたのだ。N君は歌手の名も曲名もほとんど知らない。「砂山の砂が…、とか言うのあったよな」とか聞くので、私が「錆びたナイフ」と入れる。つまり、カラオケについては無関心なのだ。付き合ってくれているのだと思う。

M君はとても楽しそうに歌う。妙に鼻にかけた声を出したり、ゼスチャーもオーバーでマイクも激しく動いている。真面目な人柄とのギャップが大き過ぎて可笑しかった。軽い違和感を覚えたけれど、三人で楽しんでいることに比べれば取るに足らないことだ。

気分が好くなり身振り手振りを入れて楽しく歌えば、周りも楽しくなり盛り上がる。ただし、これは格好良くて上手い人の場合。私の場合は往年の東海林太郎のように直立不動で歌うべきだが体が勝手に動いてしまう。困ったものだ。

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
続きを読む
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オンチな暮らし

2018年06月09日

トム・ドゥーリー

英語の歌詞を理解することは、私にとっては難しい。歌う曲は意味が分かった方が気分がいいので、勉強して分かるようにする。しばらくすると忘れるけどね。

勉強と言っても歌詞の意味とその背景を知りたいだけのこと。「トム・ドゥーリー」では次のフレーズが繰り返し歌われる。Hang down your head, Tom Dooley Hang down your head and cry 何となく哀れな感じだ。

訳詞を読むと、トムは縛り首にされて明日は死ぬ身と書いてある。ある女性を殺した罪で刑が執行されるのだ。歌詞が美しいメロディーに乗せられて淡々と流れる。トムは元南軍の兵士だが、その女性の他にも恋人がいた。

トムは犯行を否定したものの「自分は罰を受けるに値する」と吐露した。これが1886年に起きた殺人事件の顛末である。多くの謎を残したまま忘れ去られそうになったが、曲のヒットでよみがえる。真犯人はトムのもう一人の恋人という説も何となく肯ける。二人の女性を愛してしまったトムは、この世では生きて行けない。歌は天国へ旅立つトムへのレクイエムのような気がする。

ところで、私が歌うカラオケ環境では「トム・ドゥーリー」の歌手名はStandardsとなっていた。そして冒頭のセリフもなく、曲も歌い易いようにまとめられていた。

何ヶ月かして又、歌おうとしたらモニターに従来のStandardsの他に、歌手名がキングストン・トリオの「トム・ドゥーリー」が追加されていた。思い切って歌ってみると歌詞が少し違っていた。私は変化に対応できない人なので恥ずかしながら中途で断念した。

好きな曲なので何時か歌ってみたい。普通の人には簡単なことでも、オンチでノロマの私にとっては難しい。少々時間が必要だ。何も知らないのに又書いてしまった。何でも書き放題のマイブログにね。書くの大好き ハイ(^-^)/

毎週土曜更新、またの訪問をお待ちしています!
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | オンチの洋カラ

2018年06月02日

今さら老人力

2016年5月頃 今さら老人力
早いもので洋楽カラオケに参加してから約半年。そこでは外国語で歌うことになっている。私のように英語で歌いたいけれど歌えない人にとっては、とても有難い決まりだ。どっちでもいいよと言われたら英語では歌えない。本当は歌いたいのにね。

英語で歌って意味わかる? と聞かれたことがある。殆ど分からないが、歌う曲については調べるので少しは分かる。なぜ洋カラ? と聞かれれば英語が好きだからと答えたいが言えない。出来ないのに好きだと言えば変な人と思われる。しかし、書くときは何も気にしない。だから下手でも書くのが大好きだ。

カラオケを始めたのは65歳のときだった。それまではカラオケ嫌いと思われていた。そんな私が殻を破ってカラオケを始めたのは、チャンスに恵まれたからだ。2005年頃のことだが老人クラブのヒヨコ英語教室で知り合ったAさんから下手同士でカラオケ行かないかと誘われた。

これがカラオケを始めた切っ掛けとなる。Aさんは高齢者のカラオケクラブに入ったが、初心者なので練習をしたいと言う。だけど一人で行くのは嫌だから練習仲間を探していたようだ。もう一人はBさんと聞いて安心した。

オンチは充分承知の上で選ばれたのだ。そういうことならやってみたい。オマケに秘密にしようと言うのだから有難い。誰にも知られることなく伸び伸びと歌えそうだ。あれから10年たったが依然としてオンチのままだ。直らないし克服もできない。楽しく付き合って行くしかない。Aさんともね。

隠し事が多くて恐縮だが、若いころから英語で何か歌いたいと密かに夢を抱いていた。これは純粋に夢であって本当に歌えるとは思っていなかった。こんな状態でも「洋カラ参加者募集」の誘いがあると心は揺れる。思い切って参加することにした。オンチで英語もろくろく出来ない私にとっては唯一のチャンスだからね。

半年たっても散々だが恥ずかしさよりも歌いたい思いの方が勝っていた。恥は隅っこに追いやられ、真ん中にはその思いがデンと居座っている感じだ。高齢になると羞恥心は薄れるから有難い。昔提唱された老人力が今になって付いて来たのだ。何をやってもノロマな私だが、この頃はゆったりした気分を楽しんでいる。
posted by 中波三郎 at 00:00| Comment(0) | オンチの洋カラ